16日午後の東京市場でドル・円は106円20銭台と、本日高値圏でのもみ合いが続く。中国株や香港株、欧米株式先物はプラス圏を維持。それを受け、日経平均株価も前日終値を上回る水準のため円売りが継続し、ドルは下げづらい。また、米10年債利回りの下げ渋りも、ドルの底堅さを支援しているようだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円03銭から106円27銭、ユーロ・円は117円71銭から117円98銭、ユーロ・ドルは1.1096ドルから1.1113ドルで推移した。

<MK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は高値圏、日本株高で円売り継続