14日午前の東京市場でドル・円は108円30銭台で推移。日経平均株価は小幅高で推移しており、株安を警戒したドル売りは抑制されているようだ。ドルは108円台前半でもみ合う状態がしばらく続くとみられる。ここまでのドル・円は108円27銭から108円40銭で推移。
・ユーロ・円は、1.1276ドルから1.1282ドル、ユーロ・円は122円14銭から122円25銭で推移している。

■今後のポイント
・米中対立継続
・米国の経済指標は強弱まちまち
・年内複数回の米利下げ観測

・NY原油先物(時間外取引):高値52.26ドル 安値51.70ドル 直近値51.86ドル

<MK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:株価反転でドル・円は下げ渋る