13日午後の東京市場でドル・円は108円30銭台と、戻りの鈍い展開。日経平均株価は前日比150円安に下げ幅をやや拡大しており、円買いがドル・円の持ち直しを抑えているもよう。株安により、米10年債利回りの回復は限定的で、ドル買いは仕掛けづらい地合いのようだ。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円17銭から108円54銭、ユーロ・円は122円18銭から122円56銭、ユーロ・ドルは1.1287ドルから1.1300ドルで推移した。

<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は戻りが鈍い、日本株は下げ幅をやや拡大