13日午前の東京市場でドル・円は108円50銭近辺で推移。日経平均株価は54円安で推移しており、株安は一服しつつあることから、ドルは108円台半ば近辺でもみ合う状態が続いている。この後の中国本土株式の動向が注目される。現時点でリスク選好的なドル買いはやや抑制されているようだ。ここまでのドル・円は108円44銭から108円54銭で推移。
・ユーロ・円は、1.1286ドルから1.1296ドル、ユーロ・円は122円40銭から122円56銭で推移している。

■今後のポイント
・米中対立継続
・米国の経済指標は強弱まちまち
・年内複数回の米利下げ観測

・NY原油先物(時間外取引):高値51.32ドル 安値51.03ドル 直近値51.22ドル

<MK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:株安一服でドルは下げ渋る