ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。ユーロ・円は、英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)から137円50銭(2018/2/2)まで買われた。イタリアの債務問題に対する懸念は消えていないこと、欧米自動車摩擦は十分に解消されていないことから、リスク選好的なユーロ買い・円売りは引き続き抑制される可能性が高い。

【ユーロ売り要因】
・欧米自動車摩擦は解消されず
・米国政府は国内インフラ整備で2兆ドル規模の支出計画
・イタリアの債務問題

【ユーロ買い要因】
・米中貿易協議進展の可能性残る
・欧州からの輸入自動車への関税導入判断を6カ月先送り
・英国のEU離脱期限は10月31日に再延期される

<CS>

情報提供元:FISCO
記事名:「今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆リスク選好的なユーロ買い・円売りは引き続き抑制される可能性が高い