13日午後の東京市場でドル・円は110円60銭を割り込んでいる。日経平均株価は大引けにかけて上げ幅をやや縮小し、前日比88円高で引けており、株高を意識した円売りは後退。また、ユーロ・ドルは午前中に付けた本日高値付近まで持ち直した影響で、ややドル売りになったようだ。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円の110円34銭から110円69銭。ユーロ・円は129円59銭から130円00銭、ユーロ・ドルは1.1740ドルから1.1753ドルで推移。

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は失速、ユーロ・ドルは持ち直し