13日午後の東京市場で、ドル・円は一段高となり、一時110円67銭まで強含んだ。足元も高値圏での推移が続く。日経平均株価は前日比約100円高に上げ幅を拡大し、リスク選好的な円売りに振れやすい地合い。また、米連邦準備制度理事会(FRB)のタカ派寄りの姿勢を期待したドル買いも観測される・

ここまでの取引レンジは、ドル・円の110円34銭から110円67銭、ユーロ・円は129円59銭から129円98銭、ユーロ・ドルは1.1741ドルから1.1752ドルで推移した。

<MK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は本日高値圏、日本株高で