17日午後の東京市場でドル・円は110円44銭まで上昇し、本日の高値を更新している。ユーロ・円も130円57銭まで上昇しており、円売りが優勢になっている。日経平均株価は前日比121円高で引けた。一方、ユーロ・ドルも1.18ドル台前半で欧州勢とみられる売り買いが交錯し、方向性が出にくい状況になっている。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円08銭から110円44銭。ユーロ・円は130円24銭から130円57銭、ユーロ・ドルは1.1806ドルから1.1837ドルで推移。

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は本日の高値更新、日本株は121円高で終了