NYダウが反落する一方、ナスダックは7営業日続伸となり、連日で最高値を更新。シカゴ日経225先物清算値は大阪比160円安の21560円だった。シカゴ先物にサヤ寄せする格好から売りが先行しようが、米ハイテク株の強い値動きとの連動性から、下値の堅さが意識されやすい。国内の政治リスクが手掛けづらさにつながりそうだが、アベノミクスが進む中で、安倍政権打倒を期待する向きは限られるだろう。さらに、政権交代を望む野党が存在しない状況ともみられ、市場は「森友学園」問題の行方を見守る格好になりそうだ。ただし、国内政治リスクが警戒されるなか、仕掛け的な売買による変動が意識される。森友学園問題に関する報道等にはアルゴが働く可能性もあり、過剰反応には警戒しておきたい。個別では決算等の個別要因のほか、期末を意識した配当志向の流れ。その他、強気格付け等が観測されているところでは、島精機<6222>、鎌倉新書<6184>、東洋紡<3101>、日本アG<3751>、安川電<6506>、パナソニック<6752>、Rみらい<3476>、カプコン<9697>が注目される。 <HT>

情報提供元:FISCO
記事名:「個別銘柄戦略:島精機や鎌倉新書が注目される