14日午後の東京市場でドル・円はやや値を戻し、107円台を回復。一時106円84銭まで弱含んだが、1円超も円高になったことで、利益確定などからいったん買い戻されているもよう。また、米株式先物は底堅く推移しており、リスク回避的な円買いは弱まる見通し。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円84銭から107円90銭。ユーロ・円は132円36銭から133円36銭、ユーロ・ドルは1.2348ドルから1.2392ドルで推移。

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は107円を回復、いったん買い戻しも