大幅続伸。足元で上値抵抗として意識されつつあった25日線を突破している。この上昇により、短期デッドクロスが意識された5日、25日線についてもデッドクロスを回避している。一目均衡表では転換線、基準線を突破し、遅行スパンは実線の切り上がりに沿った上昇をみせている。パラボリックはSAR値に接近してきており、陽転シグナル発生が近づいている。ボリンジャーバンドでは+1σに到達している。バンドが緩やかながらも拡大に向かいつつあり、バンドの上昇に沿ったリバウンドが意識されてくる可能性が高まっている。MACDは陰転シグナルが継続しているが、シグナルとの乖離がやや縮小してきている。週間形状では長い下ヒゲを形成しての陽線となり、もち合いレンジ突破が意識されてくる。 <CS>

情報提供元:FISCO
記事名:「日経平均テクニカル:パラボリックの陽転シグナル発生近づく