新規買いは原資産の株価上昇が目立つコロプラ<3668>コール32回 7月 800円を順張り、コロプラコール33回 9月 650円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つLIFULL<2120>コール27回 8月 900円を逆張り、LIFULLプット23回 9月 500円を順張り、東京エレクトロン<8035>コール232回 9月 18,500円を逆張りで買う動きなどが見られる。


手仕舞い売りとしてはダウ・ジョーンズ工業株価平均コール396回 8月 23,000米ドル、ユーロリンク債プット484回 8月 122円、任天堂<7974>コール345回 11月 40,000円、日立製作所<6501>コール187回 9月 3,400円、LINE<3938>コール36回 7月 3,500円などが見られる。


上昇率上位はサイバーエージェント<4751>コール102回 7月 6,000円(+50.0%)、東京エレクトロンプット183回 7月 12,000円(+39.1%)、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>プット244回 7月 450円(+36.4%)、サイバーエージェントコール98回 7月 5,000円(+31.0%)、東京エレクトロンプット184回 7月 14,000円(+29.0%)などとなっている。


(eワラント証券投資情報室)


<HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「大幅下落のLIFULLを逆張りでコール買いの動きなど(13日10:00時点のeワラント取引動向)