現在、韓国平昌で開催中の冬季オリンピックでは、北欧強豪国ノルウェー選手団は思わぬハプニングに見舞われた。選手団の食事を担当する調理師が、平昌の現地スーパーマーケットにたまご1500個を発注したところ、10倍の1万5000個が届いたという。原因は、グーグル翻訳サービスの「ミス」だという。

 独メディア「ドイチェベレ」(9日付)によると、調理師がグーグルの翻訳サービスを使って、食材注文書を韓国語に翻訳した。しかし、ミスに気づかないまま、注文を出してしまったという。

 料理長のトーレ・エブレベ(ToreOvrebo)氏は、「1万5000個のたまごが届いた時、これから全員121人の選手が卵をどうやって消費していくのかと本当に困り果てた。17日も続くオリンピック期間中、われわれの選手は、毎日1人あたり124個の卵を食べなければならない」と話した。

 米CNNなどによると、余分となった1万3500個のたまごはすでに、地元のスーパーに返品されたという。

(翻訳編集・張哲)



【ニュース提供・大紀元】


<HT>

情報提供元:FISCO
記事名:「平昌オリンピックで珍事件、ノルウェー選手団が卵1.5万個誤発注