12日発表された6月米消費者物価コア指数は前年比+2.3%で市場予想と一致したが、インフレ率は5月実績の2.2%を上回った。コアインフレ率の上昇を受けて10年債利回りは一時上昇したが、その後は伸び悩み。取引終了時点にかけて前日末の水準をわずかに下回った。債券市場では年末までにあと2回の追加利上げが想定されているが、2019年以降の金利見通しは依然として不透明であり、2年債と10年債の利回り格差は2007年8月以来となる25.50bp近辺まで縮小している。

 利上げ継続によって2年債と10年債の利回り格差は年内に消滅し、2年債利回りは10年債利回りをやや上回るとの見方が増えている。ドル買いは長続きしないとの声も聞かれているが、利回り格差の逆転現象は米国経済の景気後退入りを予見するものとして解釈すべきかどうか、現時点で予断を持つことは難しい。通商問題を巡る米中双方の対応に注目したい。

<MK>

情報提供元:FISCO
記事名:「米金利見通しの不透明感は払拭されず