ストップ高買い気配。21年3月期第1四半期(20年4-6月)の営業利益を前年同期比1371.9%増の0.52億円と発表している。情報処理事業で顧客契約単価が改善し、利益を押し上げた。不動産事業で前期に取得した太陽光発電設備が稼働したことも増益要因となった。通期予想は非開示としている。 <US>

情報提供元:FISCO
記事名:「KYCOM---ストップ高買い気配、第1四半期営業利益は14倍に