大幅に4日続伸。20年2月期の営業利益を従来予想の3.10億円から4.68億円(前期実績3.40億円)に上方修正している。既存店売上高が堅調に推移したことに加え、人件費や水道光熱費などの削減が寄与し、利益を押し上げる見込み。13日に昨年来安値(766円)を記録した後、株価は上昇基調で推移しており、75日移動平均線を上回ったことも先高期待につながっているとみられる。 <HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「セキチュー---大幅に4日続伸、20年2月期の営業利益予想を4.68億円に上方修正、人件費など削減寄与