ストップ高。20年5月期第1四半期(19年6-8月)の営業損益を0.73億円の赤字(前年同期実績2.46億円の赤字)と発表している。スマートフォンゲームで不採算タイトルのサービスを終了し、売上原価や販管費が減少したことから赤字額が縮小した。通期予想は非開示。また、マルチチャンネルネットワークビジネスを行う子会社を設立する。設立予定日は11月中。ゲーム好きやアイドル好きの客層をターゲットとし、差別化を図る。 <US>

情報提供元:FISCO
記事名:「ケイブ---ストップ高、第1四半期は営業赤字幅縮小