3日ぶり大幅反発。みずほ証券では投資判断を「買い」、目標株価を4500円としてカバレッジをスタートさせている。国内事業中核の企業向けデータベース「SPEEDA」と個人向け経済メディア「NewsPicks」の課金収入が好調なことに加え、新規事業の立ち上がりも前向きと指摘。そのうえで国内での継続課金収入積み上がりによる収益成長を評価し、株価は割安と判断しているようだ。 <SK>

情報提供元:FISCO
記事名:「ユーザベース---3日ぶり大幅反発、継続課金成長を評価で国内証券が新規買い推奨