ストップ高買い気配。4月13日引け後に発表した18年11月期の第1四半期(17年12月-18年2月期)決算を受けて、週明け16日はストップ高比例配分となった。本日も買い気配が続いている。第1四半期の営業損益は12.85億円の黒字(前年同期は0.78億円の赤字)に転じ、通期計画(7.43億円の黒字)を上回って着地した。子会社であるネクス、チチカカの業績向上に加え、仮想通貨に対する自己勘定投資による収益計上が寄与した。 <FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「ネクスグループ---連日でストップ高買い気配、第1四半期決算を受けた買い続く