[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;21783.12;+231.14TOPIX;1592.73;+11.31

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前日比231.14円高の21783.12円と前引けから上げ幅を拡大して取引を開始した。午前の日経平均は大幅続伸。ランチタイム中の225先物は21740円-21780円のレンジで推移。円相場は1ドル107円90銭台と朝方より円安方向で推移している。
アジア株が上げ幅を拡大していている流れから、後場の日経平均は一段高で寄り付く形となった。ただ、その後は10月限SQ値21842.63円(概算)を前に上値の重い動きとなっている。

 業種別では、鉱業、海運業、証券・商品先物取引業、石油・石炭製品、輸送用機器、パルプ・紙、小売業などがプラスで推移している。一方、その他製品、水産・農林業、サービス業、情報・通信業がマイナスで推移している。売買代金上位では、SUMCO<3436>、良品計画<7453>、7&iHD<3382>の上昇が目立つほか、イオン<8267>、ファーストリテ<9983>、太陽誘電<6976>、スズキ<7269>、トヨタ自<7203>などがプラスで推移。一方、オリエンタルランド<4661>、花王<4452>、任天堂<7974>、SMC<6273>、アドバンテスト<6857>などがマイナスで推移している。
<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「後場の日経平均は231円高でスタート、SUMCOや良品計画の上昇が目立つ