[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;22261.87;+40.21TOPIX;1629.28;+2.82

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前日比40.21円高の22261.87円と前引けから上げ幅をやや縮小して取引を開始した。午前の日経平均は5日続伸。225先物はランチタイムにかけて22240円-22300円のレンジで推移。円相場は1ドル111円90銭台で朝方よりも円高方向に振れている。中国株は軟調。この流れから、後場の日経平均は上げ幅を縮めて寄り付いた。前場で一時マイナス圏に急落した後、急上昇するという荒い値動きから、利益確定の売りが入った。その後はやや戻しながらの小幅な動きとなっている。

 業種別では、海運業、証券・商品先物取引業、輸送用機器、銀行業、非鉄金属、鉱業、機械などがプラスで推移。一方、水産・農林業、電気・ガス業、精密機器、情報・通信業、医薬品、食料品などがマイナスで推移している。売買代金上位では、楽天<4755>の上昇が目立つほか、オムロン<6645>、スズキ<7269>、安川電機<6506>、太陽誘電<6976>、コマツ<6301>、村田製作所<6981>、日産自動車<7201>、トヨタ自<7203>、三菱UFJ<8306>などがプラスで推移。一方、ソフトバンクG<9984>、武田薬<4502>、セブン&アイ・ホールディングス<3382>、KDDI<9433>などがさえない動きとなっている。
<HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「後場の日経平均は40円高でスタート、オムロンや日産自動車などがプラスで推移