[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;27332.03;+243.95
Nasdaq;8244.14;+48.10
CME225;21580;-50(大証比)

[NY市場データ]

12日のNY市場は上昇。ダウ平均は243.95ドル高の27332.03、ナスダックは48.10ポイント高の8244.14で取引を終了した。7月の利下げを確実視する見方が強まり、買いが先行。来週から本格化する4-6月期決算を見極めたいとの思惑も広がったものの、終日堅調推移となった。主要株価は最高値を更新した。セクター別では、自動車・自動車部品や半導体・半導体製造装置が上昇する一方で医薬品・バイオテクノロジーや公益事業が下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比50円安の
21580円。トヨタ<7203>、ファナック<6954>、NTT<9432>、ファーストリテ<9983>、三菱UFJ<8306>、任天堂<7974>、三井住友<8316>、エーザイ<4523>、資生堂<4911>、ソニー<6758>など、対東証比較(1ドル107.91円換算)で全般さえない。

<SK>

情報提供元:FISCO
記事名:「12日のNY市場は上昇