[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;25007.03;-171.58
Nasdaq;7511.01;-77.31
CME225;21595-205;(大証比)

[NY市場データ]

13日のNY市場は下落。ダウ平均は171.58ドル安の25007.03、ナスダックは77.31ポイント安の7511.01で取引を終了した。2月消費者物価指数が前月より鈍化し、インフレ上昇懸念の後退を受けて買いが先行。その後、ハイテク株に売りが広がったほか、原油相場の下落が嫌気され下落に転じた。本日、トランプ大統領がティラーソン国務長官を解任し、後任にポンペオ中央情報局(CIA)長官を指名すると発表したものの、相場への影響は限られた。セクター別では、運輸や不動産が上昇する一方でソフトウェア・サービスや各種金融が下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比205円安の21595円。ADRの日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、ソニー<6758>、ホンダ<7267>、ファーストリテ<9983>、花王<4452>、コマツ<6301>、ブリヂストン<5108>、京セラ<6971>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル106.49円換算)で全般冴えない。 <TM>

情報提供元:FISCO
記事名:「13日のNY市場は下落