買い優勢。5月30日に6560円を付けた後、株価は調整するも、緩やかに上昇する25日線をサポートに反転してきている。下落していたMACDも下げ止まり、シグナルとのクロス示現が意識されている。週足の一目均衡表の雲下限を捉えてきており、徐々に強弱感が対立してくる可能性もあるが、引き続き株価推移に注目しておきたい。 <FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「M&Aキャピ---買い優勢、下落していたMACDも下げ止まる