5営業日続落。10月30日高値R10550円をピークに緩やかな調整が続いており、支持線として意識されていた25日線を割り込んでいる。一目均衡表では雲に接近してきており、これが支持線として意識される可能性はある。しかし、遅行スパンが実線を割り込む可能性が高まっており、シグナルが悪化する可能性がある。
<TM>

情報提供元:FISCO
記事名:「ソフトバンクG---5営業日続落、シグナルが悪化する可能性