日経平均は4日続伸。週明け15日の米国市場ではNYダウが27ドル安と反落し、前日に節目の22000円台を回復していた日経平均も本日は60円安からスタートした。寄り付き後は指数寄与度の大きい値がさ株や通信株などが買われ、日経平均は朝方プラスに切り返すと一時22261.33円(前日比92.22円高)まで上昇。ただ、買いが一巡すると小高い水準でもみ合う場面が続いた。後場の上下の値幅は43円ほどにとどまり、こう着感の強い展開だった。15日から始まった日米貿易交渉などが手控え要因とみられている。

大引けの日経平均は前日比52.55円高の22221.66円となった。連日で年初来高値を更新した。東証1部の売買高は10億5075万株、売買代金は2兆0929億円だった。業種別では、情報・通信業、その他金融業、建設業が上昇率上位だった。一方、パルプ・紙、鉱業、電気・ガス業が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の33%、対して値下がり銘柄は63%となった。

個別では、ファーストリテ<9983>が2%超上昇したほか、KDDI<9433>が6%近く上昇し、この2銘柄で日経平均を約82円押し上げた。NTTドコモ<9437>が携帯電話の通信料金引き下げを発表したが、あく抜け感から通信大手がそろって大きく買われた。その他売買代金上位ではソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>などがしっかり。外資系証券の買い推奨が観測されたソニー<6758>やSUMCO<3436>は堅調ぶりが目立った。また、RPA<6572>などの好決算銘柄とともに千代化建<6366>が東証1部上昇率上位に顔を出した。一方、トヨタ自<7203>、ファナック<6954>、キーエンス<6861>、武田薬<4502>、三菱UFJ<8306>などが小安い。レーティング引き下げ観測の良品計画<7453>、日本郵政<6178>による株式売出しで売出価格が発表されたかんぽ生命保険<7181>は軟調ぶりが目立った。また、日置電<6866>などが東証1部下落率上位に顔を出した。
<HK>

情報提供元:FISCO
記事名:「日経平均は4日続伸、朝安後に切り返すもこう着