アマゾンウェブサービス(以下:AWS)のアドバンスドコンサルティングパートナーであるサニークラウド(運営会社:株式会社アイディーエス、本社:東京都港区、代表取締役社長:中野 貴志、以下アイディーエス)は、2020年10月8日に、サーバーレス型BIサービスであるAmazon QuickSightに関するウェブセミナー「Amazon QuickSight導入事例で解説、お蔵入りしないBI導入のポイント」を開催いたします。

デジタルトランスフォーメーションや業務改善の第一歩として、BI(データ分析)ツールによるデータの可視化や、データ活用に関する取り組みが注目されています。
しかしながらBIツールを導入しても、「データ加工が必要で運用しきれない」「データ容量が膨大で保管できない」「BIツールを見る習慣が作れない」「社員全員でデータを見ようとするとBIツールの利用料が高額になる」など、様々な課題が発生し、結果的にせっかく導入したBIツールがお蔵入りしてしまうプロジェクトも散見されるのも事実です。

そこで本ウェビナーでは、「Amazon QuickSight導入事例で解説、お蔵入りしないBI導入のポイント」と題し、BIに関するトレンド、並びにAWSが提供するサーバーレス型BIであるQuickSightに関する概要説明、さらには、失敗しがちなBI導入プロジェクトをいかに成功させるか、住設機器商社における小売店舗部門での実際のBI導入事例を用いながら、BI導入の勘所をご紹介いたします。

■アジェンダ
第一部 データ活用プロジェクトがお蔵入りしないためのポイント
    スピーカー: 株式会社アイディーエス 執行役員 柴田達真
第二部 サーバーレスのBI環境 Amazon QuickSightご紹介
    スピーカー: アマゾンウェブサービスジャパン 株式会社 事業開発 伊東大騎 氏
第三部 事例でみるBI導入の成功パターンとサニークラウドのAmazon QuickSight導入支援サービスご紹介
    スピーカー: 株式会社アイディーエス 執行役員 柴田達真

■開催概要
日時:2020年10月8日(木)13:00~14:00
参加費用:無料
会場:ウェブセミナー形式での開催

■お申込み
こちらからお申込みください。
https://pages.awscloud.com/JAPAN_PARTNER_WEBINAR_ids-webinar_20201008_7010z000001Lw2m_LandingPage.html?trk=apn_campaign_ids-webinar_20201008_jp

【株式会社アイディーエスについて】
http://www.ids.co.jp/
独立系クラウドインテグレータ。情報系システム構築を専門としており、ECやAWSなどの各種システムの構築から運用、活用支援など、数多くの提案・開発実績を有します。特に AWS の分野においては、AWS のアドバンスドコンサルティングパートナーとして、サニークラウド (http://www.sunnycloud.jp)のブランド名にて数多くのアセスメント、AWS 環境構築を行っています。
本社所在地 : 東京都港区三田3-2-8 Net2 三田ビル 2F
代 表    : 代表取締役社長 中野 貴志
事業内容  : システム開発、AWS 請求代行、AWS 環境構築、EC サイト構築

サニークラウドについて :https://www.sunnycloud.jp/

【プレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社アイディーエス 
事業支援グループ 担当:川野(かわの)
TEL : 03-5484-7811
MAIL : pr@ids.co.jp


*Amazon Web Services、“Powered by Amazon Web Services”ロゴ、および当資料で使用されるその他の AWS 商標は、米国その 他の諸国における、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
その他、本文中に記載のすべての社名および製品名は、各社の商標です。



配信元企業:株式会社アイディーエス
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「【ウェビナーを開催します】 「Amazon QuickSight導入事例で解説、お蔵入りしないBI導入のポイント」と題し、サーバーレス型BIサービスAmazon QuickSight導入セミナーを開催