当社は、指紋認証を始めとした様々なセキュリティ・ソリューションを提供する株式会社ディー・ディー・エス(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:久保 統義、以下 DDS)と提携し、当社が展開する店舗での「セルフ店舗システム」に、次世代オンライン認証規格 FIDO(Fast IDentity Online)に準拠した認証基盤「マガタマプラットフォーム」を採用し、スマートフォンの生体認証を利用したセルフ店舗システムの展開を皮切りに、漫画喫茶、カラオケ店、コワーキングスペース、レンタルオフィスやホテルなどへの展開を、両社でサポートしていくことを12月4日にお知らせいたします。
 当社は、複合カフェ「スペースクリエイト自遊空間」店内システムの自動化によって、従来のカウンターにおける対人オペレーションからセルフオペレーションでの利用を可能としており、ユーザーのスムーズな店舗利用と運営コストの削減を実現しています。
 インターネット端末を利用できるサービスを提供する自遊空間(一部地域)では、利用者が公的証明書等(本人確認書類)をインターネット端末利用営業者に提示する必要があるため、生体認証を行う今回のFIDO認証システムとの連携により、本人確認が速やかに行えるようになり、オペレーションコストの低減とユーザーへの利便性の提供が可能となりました。
 施設利用の入口となる認証基盤は 24時間365日安定して利用できることが前提となるため、DDSは、アベイラビリティー・ゾーン(AZ)による高可用性を実現可能な日本アイ・ビー・エム株式会社のIBM Cloudをインフラとして選択し、FIDO認証基盤「マガタマプラットフォーム」を構築しました。国内AZやハイブリッドクラウド・マルチクラウドに対応したIBM Cloudを利用することで、今後の利用目的の拡大にも柔軟に対応してまいります。
 両社は、FIDO認証を備えたセルフ店舗システムを全国の自遊空間店舗のみならず、漫画喫茶、カラオケ店、コワーキングスペース、レンタルオフィスやホテルなど、今後深刻化が予測される人材不足を解決する仕組みとして展開してまいります。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000206502&id=bodyimage1

【日本アイ・ビー・エム株式会社様からのコメント】
 日本アイ・ビー・エム株式会社は、 株式会社ディー・ディー・エス と 株式会社ランシステムが展開する「セルフ店舗システム」の新たな取り組みを歓迎します。IBM Cloudの高い可用性と安全性が評価され、FIDO(Fast IDentity Online)に準拠した認証基盤「マガタマプラットフォーム」の基盤に採用いただいたことを光栄に思います。IBM Cloudは両社が展開されるセルフオペレーションシステムを支えていきます。本件を通じ、多くのお客様へのイノベーションに寄与されることを期待しています。
 今後ともIBMはお客様/ビジネスパートナー様のビジネス価値の向上に貢献してまいります。

日本アイ・ビー・エム株式会社
パートナー事業・アライアンス事業本部 執行役員
三浦美穂

≪製品概要≫
【マガタマプラットフォーム】
 「マガタマプラットフォーム」は、次世代オンライン認証規格「FIDO」に準拠した認証基盤ソリューションです。「マガタマプラットフォーム」を導入いただくことで、シンプルで堅牢な認証システムを構築できます。さらに、システムを利用いただくユーザーに対して、利便性の向上(パスワードを記憶する必要性、スマートデバイスなどでの入力のわずらわしさからの解放)と安全性の向上(生体認証の利用により、厳格化された本人認証を実現し、なりすまし対策など)を提供し、サービス事業者様へも多くのメリットを提供します。
https://www.dds.co.jp/fido/

【セルフ店舗システム】
 「セルフ店舗システム」は、会員登録から、店舗での入場/決済/退場をセルフで行えるシステムとなっています。お客様毎の入場制限機能を持ち、時間課金もしくは販売処理に対して、現金、クレジットカード、交通系ICでの決済が可能です。また、既存システムとの部分的な連動も可能です。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000206502&id=bodyimage2

≪株式会社ランシステムについて≫
 ランシステムは、複合カフェ「スペースクリエイト自遊空間」を主とする店舗運営事業、システム等の外販事業等を展開しております。
 自遊空間は1998年の出店以来、インターネットカフェ・複合カフェのパイオニアとして、直営店とフランチャイズ加盟店を全国展開し、2019年11月末現在、全国に163店舗を運営しております。
 自遊空間等の店舗運営に要するシステムを自社開発してきた経緯から、そのノウハウを活かして、納品先のニーズに合うようにカスタマイズし販売する外販事業を立ち上げました。現在は、多方面の取引先様に、システム構築やPOS等のシステム販売、店舗運営に必要な資材等の販売も行っております。
ホームページ:https://www.runsystem.co.jp/

≪株式会社ディー・ディー・エスについて≫
 DDSは、指紋認証ソリューションのリーディングカンパニーとして創業以来、産学連携による技術開発に積極的に取り組んでおります。多様化する情報セキュリティ・ソリューション・ニーズに対応可能な「万能認証基盤 Themis」、「多要素認証基盤 EVE MA」および「二要素認証基盤 EVE FA」を始めとする情報セキュリティ製品の開発・販売を行っております。
 2014 年 4 月、オンライン認証の標準化団体である FIDO(Fast IDentity Online)アライアンスに、国内企業として初めて加入。2015 年 10 月に、FIDO 認定製品である指紋認証デバイス“magatama(R)”を発表、2017年5月より、生体認証を活用した認証システムの構築を実現する「マガタマプラットフォーム」を提供、本人認証の世界を広げる新しい認証サービスの普及に努めております。また、ブロックチェーン技術の認証系市場での活用研究も進めております。
ホームページ:https://www.dds.co.jp/ja/

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ランシステム
担当:経営企画室
TEL:03-6907-8115
Email:plan@runsystem.co.jp



配信元企業:株式会社ランシステム
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「オンライン認証規格 FIDO導入で複合カフェ店舗の自動化促進 生体認証を利用したセルフ店舗システムの展開で利便性を追求