2019年6月3日、世界の非常に革新力がある太陽光発電会社ジンコソーラー(NYSE:JKS)は本日、中国権威的な機構の中国科学院テスト実験室今年3月のテストによる、本社のCheetah(チータ)型セルの最高変換効率が24.38%に達した、N型高効率単結晶セルの最高変換効率が24.58%に達した。同時に、第三者認証機関TUVラインの5月のテストにより、72セル型の高効率単結晶モジュール(セル:158.75*158.75)の出力が469.3Wに達したと発表した。同社はセルとモジュールの高効率、高出力領域に重要な成果を取って、業界記録を更新した。

産業チェーン垂直統合技術を突破するのおかげで、ジンコソーラーは先端的な技術セル効率とモジュール出力が達成できる。低酸素少欠陥のシリコンウェハを基づいて、ジンコソーラーは自主開発したHOT、非破壊接続、多元的な光回線利用など核心セル、モジュール特許技術を応用して、超高効率の単体の太陽電池(セル)、モジュールを実現している。

「ジンコソーラーは引き続きセルとモジュールの記録を更新するのは、本社が技術革新によって業界革新をリードするから。ジンコソーラーはグローバル多くの先端研究開発機構と共同科学研究プラットフォームを設立して、持続に製品の技術レベルアップを実現して、全世界のお客さんにより多くの価値を創る。」とジンコソーラー技術副総裁金浩博士がコメントした。

ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2018年12月31日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、シリコンインゴットとウエハーで9.7GW、太陽電池で7.0GW、太陽光発電モジュールで10.8GWの年間総発電容量がある。

ジンコソーラーは世界で6ヶの生産拠点があり、日本(2)シンガポール、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア、南アフリカ、アラブ首長国連邦、15の海外子会社を持ち、販売チームはイギリス、ブルガリア、ギリシャ、ルーマニア、ヨルダン、サウジアラビア、南アフリカ、エジプト、モロッコ、加納、ケニア、南アフリカ、コスタリカ、コロンビア、パナマとアルゼンチンに広がって、従業員が1万2,000人以上を雇用しております。

〒104-0031
東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ:http://www.jinkosolar.com/index.html?lan=jp



配信元企業:Jinko Solar株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「ジンコソーラーがセル効率、モジュール出力の業界記録を更新