2018年11月8日、世界をリードする太陽光発電会社ジンコソーラー(NYSE:JKS)は、唯一のランキングされた新エネルギー企業として、2018年の世界ブランドフォーラムから「世界ブランド賞」を受賞したと公表した。世界ブランドフォーラムは世界知名なブランド選考機構である。有名な「世界ブランド賞」は、イギリス・ケンジントン宮で受賞式が行った、30ヶ国以上のトップブランドの代表が出席した。

「世界ブランド賞」は世界範囲でのトップブランドが取得した成果を表彰する為に、主にブランドの価値を向上することにより、優秀なブランドの傑出した成果を表彰する。今回ランクインした企業はBMW、サムサン、ルイ・ヴィトンなどの世界トップブランドを含めている。グローバル戦略の駆動の下で、ジンコソーラーは業界の代表として、世界気候セミナー、B20、ダボス会議、ボアオ・アジア・フォーラム、世界銀行持続可能サミットなどの世界的な政経フォーラムを積極的に参加して、そして、太陽光発電の地域市場で各種の全面的な普及活動を参加し、業界の有名なブランドを作り、業績の増長を続けている、消費者と専門の審査チームの認可をもらい、成功に2018年の「世界ブランド賞」を獲得した。

業界で少数のグローバルな運営能力が備える企業として、ジンコソーラーは海外で30ヶ国以上に支社や事務所を設置している。今年の上半期で、ジンコソーラーの出荷量は4.8GW。海外市場の営業収入は総収入の70%を超えている。ジンコソーラーの太陽光発電製品は、「一帯一路」の90ヶ以上の国をカバーし、世界で最も影響力のある太陽光発電の「中国名刺」となる。

「『世界ブランド賞』の獲得はジンコソーラーのブランドが全世界の認可を得ることを証明しました。弊社は『エネルギー構造を変え 未来の責任を担う』という願いを持ち続け、技術とモード革新を継続的に推進します。弊社はグローバル範囲の消費者のために、より高品質な太陽光発電製品、ソリューションと技術サービスを提供します。」とジンコソーラー副総裁の銭晶氏がコメントした。

ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2018年6月30日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、シリコンインゴットとウエハーで9.0GW、太陽電池で5.0GW、太陽光発電モジュールで9.0GWの年間総発電容量がある。

ジンコソーラーは世界で8ヶの生産拠点があり、日本(2)シンガポール、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア、南アフリカ、アラブ首長国連邦、16の海外子会社を持ち、販売チームはイギリス、ブルガリア、ギリシャ、ルーマニア、ヨルダン、サウジアラビア、南アフリカ、エジプト、モロッコ、加納、ケニア、コスタリカ、コロンビア、パナマとアルゼンチンに広がって、従業員が1万2000人以上を雇用しております。

〒104-0031
東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ:http://www.jinkosolar.com/index.html?lan=jp

情報提供元:Dream News
記事名:「ジンコソーラーは「世界ブランド賞」を受賞