今、日本の米が危ない。

日本の農業は現在、衰退の一途をたどり、瀕死の状態にある。
米摂取量は50年前のわずか半量に過ぎず、
生産者数の激減、就農者の高齢化、増える耕作放棄地、中山間地問題、若者の就農離れ、異常気象による品質と収量の低下、米離れ……など、問題は山積。

そんななか、「今の辛抱が将来の利となる」「人の利のために働け」と、
小泉純一郎政権下で全国区となった「米百俵」の精神を胸に、米に生きた男がいた。



■著者略歴

野上茂
一九四九年、新潟県長岡市で野上米店の長男として生まれる。
新潟県立長岡商業高等学校、日本経済短期大学(前亜細亜大学短期大学部)卒業後、家業に就く。
一九八八年、株式会社野上米穀・代表取締役社長に就任。一九九六年『全国優良米穀店コンクール・全国米穀協会会長賞』、二〇〇一年『全国優良米穀店コンクール・農林水産大臣賞』受賞。
現在、同社会長として『二合キューブ』『百グラムスリムパック』など、数多くのアイディア商品を世に送り、米穀業のかたわら、小中学校で日本の米と食文化の大切さを説くなど、地域貢献を行う。

高嶋ゆかり
中央大学卒業後、出版社勤務を経て帰郷。新潟県新潟市で書籍・雑誌の企画編集に携わる。
著作に、『横綱』(新潮社)、『桃花鳥』『糜爛』『奇形』(玄文社)などがある。
現在、株式会社 第一印刷所勤務。


■書籍紹介

書 名:米に生きる男 野上茂の半生
著 者:高嶋ゆかり
定 価:1,296円(本体価格1,200円+税)
発行日:2018年2月15日
判 型:四六判、208頁
発行元:株式会社幻冬舎メディアコンサルティング
発売元:株式会社幻冬舎
ISBN :9784344914988


■販売サイト

・Amazon ⇒ https://www.amazon.co.jp/dp/4344914988
・紀伊国屋書店ウェブストア ⇒ https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784344914988
・honto ⇒ https://honto.jp/netstore/pd-book_28922215.html

情報提供元:Dream News
記事名:「危機に瀕する日本の米に命を賭け、米に半生を捧げた男の「米百俵」。高嶋ゆかり・著『米に生きる男 野上茂の半生』好評発売中!