食品小売業では、食品スーパー、GMSに加え、ネットスーパーや食事・食材宅配サービス事業者、コンビニエンスストアやドラックストアにおける食品強化など、競合環境が厳しくなっています。
本調査レポートでは、食品スーパー、GMSだけでなく、ネットスーパーや食事・食材宅配サービス事業者、コンビニエンスストアやドラックストアといった食品を取扱う各業態における現状、各業態のキープレイヤー動向、今後の方向性の分析についてまとめました。また、中心業態である食品スーパーについては、近年の動向、今後の行方を探りました。

発刊日: 2018/2/28
体裁: A4 / 392頁
書籍 定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円)

■本資料のポイント
・食品小売の変化~とりまく環境について
・食品小売の業態別特徴、キープレイヤーの動向
・食品スーパー各社の事業戦略の特徴
・食品スーパーの収益性
・食品スーパー業界の最新動向

⇒詳細内容・お申し込みはこちら
https://www.yano.co.jp/market_reports/C59123000

⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php

(株)矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/

情報提供元:Dream News
記事名:「【矢野経済研究所マーケットレポート】「食品小売市場白書2018~熾烈な食品スーパー業界の競争と進化~」を発刊いたしました