近年、ゲーム機器や商業施設でのインタラクティブアートなど、触って遊べる技術・アトラクションが随分身近になったと感じます。拡張現実(AR)・仮想現実(VR)に代表されるように、センシング技術は急速に進歩しており、5年後10年後の未来が楽しみで仕方ありません。
今回講師としてお招きしている南澤氏は、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科において、多くの研究プロジェクトを主宰されている、『身体性メディア』の第一人者です。
超人スポーツ協会の理事・事務局長や、日本VR学会理事も務められており、日本の身体拡張に関する研究に大きく貢献されています。
今回、身体科学の最先端研究や、本研究による未来の世界も含めて、熱くご講演頂きます。


日時:11月8日(水) 19:00~21:00
場所:東京都23区内 講演会場(調整中)
講師:慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 南澤孝太准教授
会費:企業 8,000円 個人 3,000円
私たち未来技術推進協会は、本講演会を通じ、日本の未来を担う研究を発信し、日本の技術革新に貢献してまいります。
【お問い合わせ先】
社団法人 未来技術推進協会
代表理事 草場
TEL 090-4486-4854
メールアドレス s-kusaba@extrafuture-tech.com

情報提供元:Dream News
記事名:「未来技術推進協会主催 第2回講演会 ”取材の方は1名までご招待” 『慶応大学 南澤准教授が語る”身体 x インタラクション研究の最先端”』