『週刊FXレポート』は、為替相場(FX)のマーケット分析インジケーター「トレンドスカウター」を使って、FXマーケットのトレンド動向を評価・解説した週刊レポートです。

世界一わかりやすいFXの学校の受講者様だけでなく、当サービスの無料講座を体験頂いた方やそれ以外の方でも、足元の為替相場の分析結果をご参考いただくことを目的に、約1週間から10日前に配信した過去配信分のレポートを公開しています。

投資助言・代理業を営む投資専門スタッフが直近の為替動向の中で注目すべき通貨ペアをピックアップし、チャート画像を踏まえて分かりやすく解説しておりますので、FXトレーダーの方だけでなく、株式投資家や先物・商品トレーダーの方、また、為替レートが気になるビジネスマンや、海外旅行者の方にもご活用頂ける内容です。

・調査前提:
  調査対象日:2017年9月24日~2017年10月01日
  調査対象:為替相場の通貨ペア動向(対象通貨:USD/JPY/GBP/CAD/EUR)
  調査方法:価格変動を弊社開発のチャート分析インジケータートレンドスカウターにより分析・調査

・調査結果:

USDJPY:25日移動平均線が75日移動平均線を上抜ければゴールデンクロスが発生
概況:ドル円相場は、約1か月の平均値が約3か月間の平均値に近づいているのが確認できます。
二本のラインがクロスすればゴールデンクロスが発生し、上昇最終局面へと突入します。
高値圏で価格は推移していますが、下落転換の可能性を視野に入れなければいけない局面ですので、
過度な上昇期待には注意しましょう。

GBPJPY:高値圏からやや下落傾向が確認できます
概況:ポンド円相場は、直近高値153円付近からやや下落基調で推移中です。
引き続き高値を更新しなければ、下落転換の可能性が視野に入ります。

USDCAD:上昇転換後はやや伸び悩む展開に。
概況:米ドル・カナダドル相場は、約1か月の平均値を上回り下落トレンドから上昇トレンドへ転換。
約三か月の平均値を上回ることができれば上昇トレンドが加速しますが、足元ではやや停滞気味です。

EURUSD:下落トレンドへ転換後は下落基調が継続中。
概況:EURUSD相場は、高値から約1か月間の平均値を下回り下落トレンドへ転換しています。
背景が青色に戻るまでは下落トレンドが続くことを視野に入れて取引(売買)方向を調整すると良いでしょう。

※ より詳しい内容は、以下レポートURLにてご覧ください。

なお、トレンドスカウターは、世界一わかりやすいFXの学校の無料体験講座(詳細:以下セールスページ)にて、2週間無料でご体験頂けます。興味がございましたら、ぜひお試しください。

以下に、週刊FXレポートの詳細をご案内させていただきます。

【世界一わかりやすいFXの学校 週刊FXレポート 概要紹介】

(1)配信概要:
・配信頻度:週1回更新予定
・配信日:前週の分析レポートを7~10日後に配信
・公開先:トレンドスカウター実践日記(以下URL参照)にて公開

※ 年末年始等は配信スケジュールが一部変更となる場合がございます。

(2)レポート概要
・注目の通貨ペア動向分析:足元の相場で注目すべき1銘柄を抽出して分析・解説
・グローバル通貨ペア動向分析:高金利通貨や新興国通貨の動向を中期スパンで解説

※ 内容は、随時変更する場合がございます。

(3)週刊FXレポートの特長と活用ポイント
・特長:「一瞬見ただけで為替相場の足元の動向が分かる」レポートが目標。
・活用ポイント:相場の「現在」の方向と位置が視覚的に分かりますので、次の相場展開や為替動向の参考にご活用頂けます。経済や市況に興味がある方や、ビジネスマンの方が相場感覚を養うためにもご利用頂けます。

さらに詳しい詳細は、下記URLよりご覧ください。

【世界一わかりやすいFXの学校 取引実践日記(レポート公開先)】
https://www.fxnogakkou.com/

【世界一わかりやすいFXの学校 サービス概要:セールス案内】
http://hf-banking.com/school-of-fx-lp/

【レポートの内容や為替相場に関する取材等のお問い合わせ先】

ヘッジファンドバンキング株式会社(世界一わかりやすいFXの学校事務局)
TEL:03-5436-6121
E-mail:s1fx@hf-banking.com
金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第2747号

情報提供元:Dream News
記事名:「【FXマーケット分析レポート:2017年10月2日配信分を公開】FX投資教育スクール世界一わかりやすいFXの学校ではトレンドスカウターを使って為替相場動向を視覚的に分析できるレポートを公開中です。