1.調査期間: 2017年5月~9月
2.調査対象: EPSシステムメーカー、EPS構成部品メーカー等
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用
4.発刊日:2017年9月29日

<電動パワーステアリングとは>
ステアリングのアシストに、電気モータを利用する技術を電動パワーステアリング(EPS:Electric Power Steering)という。ドライバーの操舵力をトルクセンサで検出し、ECU(電子制御ユニット)でモータを制御することで操舵をアシストする。基本的な構成に違いは無いが、アシストする箇所(モータの取り付け位置)によって、コラムアシスト・ピニオンアシスト・ラックアシストの3つの方式が存在している。旧来の油圧式システムと比較し、燃費と制御面で優れるため、急速に普及してきた。本調査では、電動モータで油圧を発生させ操舵アシストに利用する電動油圧パワーステアリング(EHPS:Electronic Hydraulic Power Steering)も対象としている。

◆EPSの2016年世界市場規模は5,000万台、EHPSは370万台で合計5,370万台の見込、2020年には合計で6,940万台、2025年には8,410万台に拡大すると予測
◆自動運転と冗長設計に対応したハイエンドとコスト重視のローエンドで需要が2極化傾向に

無断転載禁止

詳細プレスリリースは以下をご参照ください。
■プレスリリース
http://www.yano.co.jp/press/press.php/001746
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press
⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 東京カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php
(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/

情報提供元:Dream News
記事名:「【矢野経済研究所調査結果サマリー】電動パワーステアリング世界市場に関する調査を実施(2017年)