~各種保護診断機能、昇圧回路を内蔵した多機能IPD~

東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 東芝デバイス&ストレージ株式会社は、ジャンクションボックスや、ボディーコントロールモジュールなどの車載電子制御装置 (Electronic Control Unit : 以下ECU) の電流の導通や遮断を制御するゲートドライバースイッチIPD[注1] 「TPD7107F」を製品化し、本日から出荷を開始します。



新製品は、低オン抵抗の当社車載用NチャネルMOSFET[注2]と組み合わせて、負荷電流に適したハイサイドスイッチを構成できます。メカニカルリレーと異なり、接点摩耗がないため、メンテナンスフリー化と車載ECUの小型化、低消費電力化に貢献します。また、車載ECUに要求される高信頼性に対応した自己保護機能と、マイコンへ出力する診断機能を多数内蔵し、機能を向上させており、接続される負荷とMOSFETの動作を的確に監視します。異常動作発生時は、急速にMOSFETをオフし[注3]、MOSFETの負担を軽減します。

パッケージはWSON10A[注4] を採用し、昇圧回路を内蔵しており、コンデンサーなどの周辺部品を削減できます。スタンバイ時は最大3μAと低消費電流を実現しました。

応用機器

車載機器

・ECU (ジャンクションボックス、ボディーコントロールモジュールなど)
・パワーディストリビューションモジュール
・半導体リレー

新製品の主な特長

・AEC-Q100適合
・負荷電流に応じて低オン抵抗のNチャネルMOSFET[注2]と組み合わせて使用できる
・昇圧回路を内蔵し周辺受動部品の削減
・さまざまな保護、診断機能を内蔵 (電圧、電流、過熱、電源逆接続、GND断線、短絡など)

新製品の主な仕様

(特に規定しない限り、@Ta=25℃)

品番

TPD7107F

パッケージ

WSON10A

絶対最大定格

電源電圧 VDD(1) (V)

-16~26

電源電圧 VDD(2) (V)

@t≦400ms

-36~36

電源電圧 VD(3) (V)

@t≦20ms

-40~40

入力電圧 VIN(1) (V)

-16~26

入力電圧 VIN(2) (V)

@t≦400ms

-36~36

入力電圧 VIN(3) (V)

@t≦20ms

-40~40

出力ソース電流 IGATE(+) (mA)

内部能力

出力シンク電流 IGATE(-) (mA)

5

許容損失 PD (W)

1.84

動作温度 Topr (℃)

-40~125

動作範囲

動作電源電圧 VDD (V)

@Tj= -40~125℃

5.75~26.00

[注1] IPD (Intelligent Power Device)
[注2] 使用デバイス例 : TPHR7904PB (40V/150A)、TPH1R104PB (40V/120A)
[注3] 標準急速オフ電流 : 237mA
[注4] WSON10A : 3.0x3.0mm (typ.)

新製品の詳細については下記ページをご覧ください。
TPD7107F

当社の車載ドライバーIC製品詳細については下記ページをご覧ください。
https://toshiba.semicon-storage.com/jp/semiconductor/product/intelligent-power-ics/automotive-driver-ics.html

*社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

お客様からの製品に関するお問い合わせ先:
パワーデバイス営業推進部
Tel: 03-3457-3933
https://toshiba.semicon-storage.com/jp/contact.html

*本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。


Contacts

報道関係の本資料に関するお問い合わせ先:
東芝デバイス&ストレージ株式会社
デジタルマーケティング部
長沢千秋
Tel: 03-3457-4963
e-mail: semicon-NR-mailbox@ml.toshiba.co.jp

情報提供元:
記事名:「東芝:車載ECU用MOSFETゲートドライバースイッチIPDの発売について