台湾・新竹--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 最先端ASIC設計サービス及びIPを提供するファラデーテクノロジー社(TWSE:3035)は本日、UMCの28HPCプロセスにより開発されたファラデー社のA500 SoCを搭載したSoCreative!V™ SoC開発プラットフォームを発表しました。本プラットフォームは最大動作周波数1.4GHzのARM Cortex-A53クアッドコアを搭載し、5G、ネットワーキング、AIoT、高精細プロジェクター、マルチメディア、MFPなどの高性能コンピューティングアプリケーションが求める今日の市場の必要とする拡張性を備え、高速インタフェースを搭載した一体型ソリューションを提供します。

ファラデー社はSoCreative!Vプラットフォームの投入と同時に、DDR4、USB 3.0 OTG、PCIe gen3、ギガビットイーサネットなど、多数の高速インターフェースIPを提供します。お客さまは、SoCreative!V内蔵のC2C(チップ間)インターフェースを通じて、お客様独自のIPを含むFPGAボードに接続することで、オプションで機能を追加可能で、システム設計の選択肢を増やすことが可能です。

“Time to market”の短縮を促進するSoCreative!Vは、ブートコードやLinuxベースBSP(ボードサポートパッケージ)を含む包括的ソフトウエアパッケージを提供し、開発の早期の段階でのシステムソフトウエア開発が可能となります。また、今日のシステム環境が直面する多くの脅威に対応する為、本プラットフォームでは、セキュアシステムブートを可能とし複数のセキュアブートとアプリケーションソフトウエア保護が実現可能です。

ファラデーテクノロジー社の最高執行責任者(COO)を務めるFlash Linは、次のように述べています。「ファラデー社のSoCreative!Vは完成されたプラットフォームで、完全なハードウエア評価システムとソフトウエア開発パッケージで構成されており、多くの設計プロジェクトで採用され、大きな成功を収めてきました。最適化されたこれらの柔軟なシステムレベルソリューションにより、本プラットフォームはお客さまによる複雑なSoC開発サイクルを劇的に縮めることで、お客様が当面のそして将来の市場機会を利用できるようになると考えています。」

ファラデー社の御紹介

ファラデーテクノロジー社(TWSE: 3035)は先進のファブレスASICおよびシリコンIPのプロバイダーです。なお、ファラデー社は、ISO 9001及びISO 26262の認証を取得済です。当社の幅広いIPポートフォリオにはI/O、セル・ライブラリ、メモリ・コンパイラ、ARM互換CPU、DDR2/3/4、LPDDR1/2/3(ローパワー)、MIPI、V-by-One、USB 2.0/3.1 Gen 1、10/100/1000イーサネット、シリアルATA、PCI Express及びプログラマブルSerDesなどが含まれます。台湾に本社を置くファラデー社は、米国、日本、ヨーロッパと中国を含む世界にサービスおよび技術サポートの拠点を持っています。詳細はwww.faraday-tech.comにアクセスするか “LinkedIn”でファラデー社をフォローして下さい。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Press
Evan Ke
+886.3.578.7888 ext. 88689
evan@faraday-tech.com

情報提供元:
記事名:「ファラデー社SoCreative!V™プラットフォームエッジアプリケーション向けSoCの開発を加速