シンガポール--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 分子診断企業のルーセンスは本日、SAFER-Sample(Stabilization of nucleic Acid Formulation for Evaluation of RNA、RNA評価向け核酸調製の安定化)キットの開発を発表しました。これはCOVID-19などのウイルス感染検査のし易さを向上させる試料採取メディカルデバイスです。



現在、COVID-19などのRNAウイルス感染の確定的な診断のためには、呼吸器感染を示す患者からの鼻もしくは喉またはこれら両方のスワブ採取が必要で、これら試料を冷却媒体で輸送することが推奨されています。ところが冷却媒体はどこでも手に入るものではなく、世界的な不足に見舞われており、特に室温で輸送した場合の検体の乾燥、コンタミないし腐敗によって、試験不良のリスクがもたらされます。その他の要因として、正確な診断検査は試料の質、保存、検査所までの輸送に影響されます。

SAFER-Sampleメディカルデバイスは試料の採取時に試料と混合する安定液入りボトルが付いた採取キットで、最大1週間にわたり室温でウイルスRNAを安定状態で保ちます。次いで試料は冷却することなく検査所に輸送でき、これは試料を検査のため広い地理的範囲にわたって輸送する必要がある国々において特に有益です。

ルーセンスの創設最高経営責任者(CEO)でA*STARバイオ工学・ナノテクノロジー研究所(IBN)補助臨床科学者のDr. Tan Min-Hanは、次のように述べています。「当社はがん患者の苦しみを軽減するために使用される当社技術が、今回の世界的危機にあって、正確な検査ソリューションに貢献できることを大変うれしく思います。分子技術を活用して世界規模で健康を向上させるという当社の使命に従って、私たちは最大1万個のキットを作成して科学界に無料で提供します。」

SAFER-Sampleキットで使用する試薬はA*STAR(シンガポール科学技術研究庁)のバイオ工学・ナノテクノロジー研究所が発明したものです。実験により、SAFER-Sampleは室温でのその他の検体輸送媒体と比べて、RNAウイルスゲノムの安定性向上が可能で、より正確な検査を促進することが実証されています。

またSAFER-Sampleが試料採取時にCOVID-19を不活化する特性について評価を実施中であり、本キットが医療従事者の安全性を高めながら患者試料を採取・処理できる特性を検討しています。非侵襲的な超高感度分子検査技術におけるルーセンスの専門力と、診断法開発ハブ(DxDハブ)の製品化能力を活用すれば、SAFER-Sampleキットは唾液などの非侵襲的な試料タイプでも使用可能です。DxDハブはシンガポール科学技術研究庁の商業化部門であるA*ccelerateが主導する国家イニシアチブです。

DxDハブ最高経営責任者(CEO)のDr. Sidney Yeeは、次のように述べています。「私たちは今回の協業によってRNAウイルス検査のし易さを向上できることに感激しています。こうした官民提携は今回のような事態において特に重要であり、医療界の需要を迅速に満たせるよう、ラボでの革新成果を橋渡しすることが必要不可欠です。」

シンガポール国立感染症センター(NCID)が現在、SAFER-Sample試薬で非侵襲的に採取した患者検体の評価をしているところであり、ルーセンスはシンガポール保健省と協力してより広範な性能評価を実施しています。SAFER-SampleキットはクラスAメディカルデバイスとしてシンガポール保健科学庁(HSA)に登録されています。

シンガポール国立大学公衆衛生学部の感染症プログラムリーダーでIBN補助臨床科学者のA/Prof Hsu Li Yangは、次のように述べています。「今回の革新はCOVID-19の一次治療と地域検診が緊急ニーズになっている時に行われました。こうした画期的成果につながる官民提携は、それぞれ単独では達成できない分野で必要となるリソースを提供する上で必要不可欠です。」

ルーセンスについて

ルーセンスは、回避可能ながん死のない世界を構想して設立された精密オンコロジー企業です。当社は疾患検出と治療法選択のための最先端の超高感度液体生検法を開発しています。シンガポールおよびカリフォルニア州パロアルトに本社を置くルーセンスは、米国連邦CLIA法認可・CAP認定中央ラボを通じて、革新的がん検査向け分子診断サービスを提供しています。詳細情報についてはwww.lucence.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Gabriel Yap
media@lucence.com

 

情報提供元:
記事名:「ゲノミクス企業のルーセンスがCOVID-19診断/監視向けウイルス試料採取メディカルデバイスを開発