北京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- CGTNによる動画によれば、コロナウイルス流行の中心である中国中央部の武漢では、新たなCOVID-19症例の数が1桁に減少し、金曜日にはわずか4人になりました。


動画はこちらでご覧ください:https://news.cgtn.com/news/2020-03-14/Fight-to-Reunite-How-Wuhan-tackled-COVID-19-ORhUCzRIGs/index.html

最新のデータでは、武漢では3万6000人以上が回復し、これは総症例数の70%を超えています。最も厳しい状況にあった中国中央部の湖北省にある武漢は、回復への道のりに向けて大きく進んでいます。

退院する患者数が増える中で、市内14箇所の臨時病院は今週すべて閉鎖されました。

公共施設を転用して作られたこれらの病院は、症状が軽い患者に適切なタイミングで治療を提供してきました。受け入れた患者数は1万2000人を超えました。

このような大きな成果は容易に達成できたものではありませんでした。国家の医療資源を迅速に動員したことが、流行の抑制に重要な役割を果たしました。

湖北省での闘いを支援するため、全国から合計4万2000人の医療関係者が省内に派遣されました。人工呼吸器やECMO(人工肺)を含む約6万5000個の医療機器が、3月3日までに湖北省に送られました。

呼吸支援やプラズマ治療といった治療計画が試験され、実行されました。中国の伝統医学も、多数の患者の症状の緩和に貢献し、治療期間を短縮しました。

実行された対策のおかげで中国は現在流行のピークを越えたと、政府広報担当者は木曜日に発表しました。

湖北省以外では、企業は正常な活動を徐々に再開しつつあります。指定された規模を超える企業の95%以上が営業を再開したと、政府関係者が金曜日に発言しました。

COVID-19中国WHO合同ミッション・チームリーダーのブルース・エイルワード博士は、中国の対応の成功を他国で再現するには、スピード、資金、発想、そして政治的勇気が必要だと語りました。

CGTNについて

北京に本拠を置くCGTNは、多言語・マルチプラットフォームのメディア組織としてテレビとオンラインで活動しています。ナイロビ、ワシントンDC、ロンドンに専門家の国際チームを置いています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Jiang Simin, +86 18826553286
Jiang.simin@cgtn.com
www.cgtn.com

情報提供元:
記事名:「CGTN:最新のデータによれば、武漢では3万6000人以上の患者が回復