エナジスの無線充電2.0技術が世界112カ国で出荷承認を取得済み

米カリフォルニア州サンノゼ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 革命的な無線充電2.0技術WattUp®の開発企業であるエナジス・コーポレーション(Nasdaq:WATT)は本日、当社の近距離充電技術WattUpが日本の規制当局から承認を取得したと発表しました。

エナジスのStephen R. Rizzone社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「当社の無線充電技術WattUpが日本の規制当局から承認されたのは、エナジスの市販承認取得の活動において節目となる重要な成果です。これにより、アジア太平洋の大市場で、WattUp対応製品を販売する門戸が開かれます。」

エナジスの無線充電技術WattUpは、独立した認定試験機関で試験され、日本のすべての規制要件に準拠していると確認されました。

エナジスの規制関連業務担当バイスプレジデントのダン・ローレスは、次のように語っています。「WattUpが日本で承認されたのは、エナジスと当社のお客さまにとって大きな前進であり、これにより世界市場参入を達成するための勢いが増します。当社は、周波数帯および標準化の国際的大組織との関与を大規模に進めたり、世界各国政府と直接的に協力したりして、無線充電2.0の大規模導入のための規制枠組みを確立しているところです。」

Omdiaの主任業界アナリスト(無線給電・電源担当)のDinesh Kithany氏は、次のように述べています。「現在の無線充電技術、とりわけ非コイル型の充電ソリューションは、まだ日本市場に浸透していません。それは主として、日本の規制承認プロセスがはるかに厳格なためであることが、過去の例で証明されています。エナジス・コーポレーションは、無線充電技術WattUpで業界初の承認を取得し、日本市場で業界のために道を開きました。この画期的成果は、エナジスが一貫してWattUp技術を発展させ、パートナーと顧客企業のニーズに対応していることを示しています。」

エナジスのWattUp技術がメーカーにもたらす利点の一例として、下記があります。

  • WattUpは取り付け面積が小さく、縁がカーブしたり平面がなかったりする小型デバイスなど、さまざまなフォームファクターの製品に搭載可能
  • 配向性に制約がなく、90度の角度に対応
  • 異物検出機能が金属やその他の材料による熱の問題を排除
  • 異なるメーカーでもすべてのWattUp対応製品の間における相互運用性を確保

現時点でエナジスは、当社の無線充電技術WattUpに関して、下記の国々の規制当局から承認を取得しています。

アフガニスタン

バミューダ

キュラソー

ドイツ

コソボ

オランダ

スリナム

アルバニア

ボリビア

キプロス

ガーナ

ラトビア

ニュージーランド

スウェーデン

アンドラ

ボスニア・ヘルツェゴビナ

チェコ共和国

ギリシャ

リヒテンシュタイン

ニカラグア

スイス

アンゴラ

ボツワナ

デンマーク

グレナダ

リトアニア

ノルウェー

台湾

アンティグア・バーブーダ

ブラジル

ジブチ

グアテマラ

ルクセンブルク

パナマ

タジキスタン

アルゼンチン

ブルネイ

ドミニカ共和国

ガイアナ

マケドニア

ペルー

タンザニア

アルメニア

ブルガリア

ドミニカ

ホンデュラス

マラウイ

フィリピン

タイ

アルバ

ブルキナファソ

エクアドル

ハンガリー

モルディブ

ポーランド

トリニダード・トバゴ

オーストラリア

カンボジア

エジプト

アイスランド

マルタ

ポルトガル

トルコ

オーストリア

カナダ

エルサルバドル

インド

メキシコ

ルーマニア

アラブ首長国連邦

アゼルバイジャン

ケイマン諸島

エリトリア

インドネシア

モナコ

セルビア

ウガンダ

バハマ

中央アフリカ共和国

エストニア

アイルランド

モンゴル国

スロベニア

英国

バルバドス

チリ

エチオピア

イタリア

モンテネグロ

ソロモン諸島

米国

ベルラーシ

コロンビア

フィンランド

ジャマイカ

モザンビーク

スロバキア

ウルグアイ

ベルギー

コスタリカ

フランス

日本

ミャンマー(旧ビルマ)

南アフリカ

ウズベキスタン

ベリーズ

クロアチア

ジョージア

ヨルダン

ネパール

スペイン

ベネズエラ

エナジスは年内に、ほかの市場でも規制当局の承認を取得できると見込んでいます。

エナジスの詳細については、Energous.comをご覧いただくか、当社をツイッターフェイスブックリンクトインでフォローしてください。

エナジス・コーポレーションについて

エナジス・コーポレーション(Nasdaq:WATT)は、高速で効率的な接触ベースの充電に加え、非接触充電に対応し、受賞歴のあるWattUp®技術で、次世代の無線充電である無線充電2.0を先導しています。WattUpは拡張性のあるRFベースの無線充電技術であり、旧式のコイル型充電技術と比べて、接触ベース充電の効率、異物検出、配向性の自由度、熱性能を大幅に向上させています。この技術は家庭や職場のほか、医療、産業、小売り、自動車の各業界を対象に、数多くの多様なサイズの電子機器向けに設計可能で、製品間の相互運用性を確保します。エナジスはシリコンベースのワイヤレス電力伝送(WPT)技術と、カスタマイズ可能な参照設計を開発しています。例として革新的なシリコンチップ、アンテナ、ソフトウエアがあり、これらはスマートフォン、フィットネストラッカー、ヒアラブル、医療センサーなど、多種多様なアプリケーションで使用できます。エナジスは世界で初めて無線遠隔充電技術に関するFCC規則Part 18の認定を取得しており、現時点でWattUp無線充電技術に関する220件の特許を取得しています。詳細については、Energous.comをご覧ください。

セーフハーバー表明

本プレスリリースには、当社の将来の計画や予想について記述した将来見通しに関する記述が含まれます。これらの記述には通常、「考える」、「期待する」、「かもしれない」、「であろう」、「はずである」、「場合がある」、「求める」、「意図する」、「計画する」、「推定する」、「予想する」などの用語や、これらと類似の用語が使用されます。本リリースにおける当社の将来見通しに関する記述の例として、技術開発、パートナーによる製品開発、無線充電の革新に関する記述などがあります。将来見通しに関する記述は、本日までの事柄のみに言及するものであり、現在の予想に基づいており、当社はそれらを更新する義務を負いません。実際の結果が当社の予想とは大きく異なる場合の原因となり得る要因として、規制当局から必要な承認を取得できる時期の不確実性、顧客の製品開発の時期と顧客製品の市場での成功、当社の販売パートナーへの依存、業界の激しい競争などがあります。当社は、皆さまが当社の将来見通しに関する記述を評価する際、これらの要因や、当社のフォーム10-Kによる最新の年次報告書と、その後のフォーム10-Qによる四半期報告書に記載されたその他のリスクや不確実性を考慮することをお勧めします。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Energous Public Relations
PR@energous.com
(408) 963-0200

Energous Investor Relations
Mike Bishop
(415) 894-9633
IR@energous.com

情報提供元:
記事名:「エナジスの革命的なWattUp無線充電技術が業界で初めて日本の規制当局から承認を取得