アル・マエーニ:中東・アフリカ初の大型車両の自動運転テストをアブダビ・ドバイ間で実施

アラブ首長国連邦ドバイ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- アラブ首長国連邦(UAE)が第5回国際未来モビリティー会議を開催し、22カ国の大手メーカー450社以上、自動車・現代技術の専門家、政府機関関係者が参加しました。連邦基準化計測庁(ESMA)が主催してドバイで開催されたこの2日間の会議と展示会は、世界の輸送部門の未来の探求を目的としています。



この会議では、大型車両が自動運転で初めてアブダビ・ドバイ間の約140キロメートルを走行する中東・北アフリカ地域初の実験が行われました。UAEと近隣諸国ではおそらく、このタイプの車両での最長走行記録です。

ESMA長官のアブドゥラ・アル・マエーニ閣下は、ビッグデータ、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、輸送部門を劇的に変える新たな選択肢など、輸送部門の最新の技術進歩や新たなモビリティー・ソリューションについて専門家が議論したと語りました。

「私たちは、コネクテッド・モビリティーにおけるサイバー・セキュリティーの脅威、自動運転車に特有の技術要件、水素燃料電池車に関するUAE政府の取り組みについて議論しました。」

アル・マエーニ長官は、次のように述べています。「UAEは、持続可能な技術による代替モビリティー・モード開発の最前線に立ち、現在の大量輸送モードのより効率的でインテリジェントなシステムへの転換を優先してきました。また、持続可能なモビリティー、支援インフラの開発、モビリティーのデジタル・イノベーションに関して、地域全体の大学が実施している研究への評価も模索しています。」

ESMAは、自動運転車の要件や安全要件など、UAEが初めて整備している技術規制について紹介しました。参加者は、インテリジェント・モビリティー・システムを使用して輸送効率と電気自動車充電ステーションを改善し、輸送部門に未来志向の変化が生じていることについて説明を受けました。

英国政府とオランダ政府は、英国の電気自動車充電インフラと、コネクテッド・カーと自律走行車に関するアムステルダムの経験に関する2つの事例研究を発表しました。

同時開催の展示会では、高級車の新しい種類やモデル(ポルシェ、BMW、メルセデス、アウディなど)や、初の100%電気バス、初の自動運転トラック、初の電動バイクが紹介されました。

*配信元:AETOSWire

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

ESMA – Media Contact
Mohamed Othman, +971502682444
Mohamed.o@esma.gov.ae

情報提供元:
記事名:「450人の専門家とプロがUAEで未来のスマート交通について議論