サンフランシスコ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- アンダーセン・グローバルは、ボスニア・ヘルツェゴビナのフルサービス法律事務所と協力契約を締結したと発表しました。バニャルカに本拠を置くSAJIĆが、過去1カ月間にアンダーセン・グローバルが協力契約を締結したこの地域で4番目の法律事務所となりました。

オーナーでマネジングパートナーのAleksandar Sajic氏が2003年にこの事務所を設立し、4名のパートナーと20名近い専門家を擁するまでに拡大させました。SAJIĆは、民事訴訟、家族法、企業交渉、知的財産、科学技術、税務などのさまざまな法律サービスをクライアントに提供しています。この協力により、アンダーセン・グローバルは世界65カ国近くに業務を拡大し、55カ国以上で法律サービスを提供することになります。

Sajic氏は次のように述べています。「アンダーセン・グローバルと協力することで、当事務所は提供サービスを拡充し、国際的な訴求力を拡大します。アンダーセン・グローバルの世界規模のプラットフォームによって当事務所の能力は向上し、世界的な法律事務所の便益をクライアントにもたらすことが可能になります。」

アンダーセン・グローバル会長でアンダーセン最高経営責任者(CEO)のマーク・フォアザッツは、次のように述べています。「SAJIĆが加わることにより、アンダーセン・グローバルはこの地域で非常に優れたソリューションを獲得し、地域最高レベルの事務所とも競合できるようになります。Sajic氏とそのチームは既に、この地域の私たちの他の協力事務所、すなわちスロベニアのミロ・セニカ・アンド・アトーニーズ、クロアチアのKallay & Partners、セルビアのJSPと、堅実な業務関係を築いています。私たちは引き続き、私たちの価値観を支持する優れたグループを加え、シームレスな最高クラスの顧客ソリューションを世界規模で提供する能力を高めてまいります。」

アンダーセン・グローバルは、世界各地の税務および法務の専門家による法的に個別の独立した提携事務所の国際的連合体です。米国の提携事務所のアンダーセン・タックスにより2013年に設立されたアンダーセン・グローバルは現在、提携事務所と協力事務所を通して世界の162カ所以上の拠点に5000人近い専門家を擁しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Megan Tsuei
Andersen Global
415-764-2700

情報提供元:
記事名:「アンダーセン・グローバルがボスニア・ヘルツェゴビナで事業拡大