クラウドベースのデベロッパープラットフォームがエネルギー関連ソリューション向けアプリケーションの開発に力を与える

ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ビーコン・プラットフォームは本日、シェル・ニュー・エナジーズ(シェル)がBeaconを導入したと発表しました。その目的は、ビーコンのクラウドベースのデベロッパープラットフォームと専有的な依存性グラフ技術を利用して、フルスタックのウェブアプリケーションを開発することにあります。


Beaconは、シェルの開発者とデータ科学者の力を高め、革新的なウェブベースアプリケーションを開発・試験して、ビジネスユーザーと顧客のための生産においてセキュリティーを確保しながら大規模に同アプリを導入する活動を迅速化することになります。Beacon Platform内の先進機能により、シェルは革新的なエネルギー関連ソリューションを迅速に構築・導入できるようになります。

Beacon Platformは、開発者がコードの作成・共有・リリースを行い、必要なデータにアクセスし、ウェブベースのアプリケーションを構築して、ビジネスに活力を与えるアナリティクスを実行する作業を容易にするようデザインされています。そのオープンアーキテクチャーと透明性のあるソースコード手法により、従来のブラックボックスソリューションでは不可能であった規模で試験とコラボが可能になります。ブラックボックスソリューションとは異なり、Beaconは透明性のあるソースコードモデルを採用しており、これによりソフトウエア開発ライフサイクル全体と、エンドユーザーがアプリケーションを実行する生産環境を完全に管理できるようになります。コードと基礎的プラットフォームに完全アクセスできることは、クライアントが既製品としてのBeacon機能を購入して、各自の社内拡張機能を構築できることを意味します。

ビーコン・プラットフォームのKirat Singh最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「私たちはシェル・ニュー・エナジーズの事業に力添えできることに感激しています。コモディティー市場におけるビーコンの成長を目にできるとは素晴らしいことであり、クラウド、データ、アナリティクス、アプリケーションで構成される当社の総合的スタックによってシェル・ニュー・エナジーズがその事業と顧客のための革新的アプリケーションを創製できるようになることをうれしく思います。当社は両社の提携を深め、今後もクライアントへのさらなる価値提供を行っていきたいと思います。」

ビーコン・プラットフォームについて

ビーコンは、クオンツ開発者チームやビジネスユーザーに力を与えることで金融サービスに革新を引き起こしています。ビーコンを設立した上級技術者は、ゴールドマン・サックスのSecDBで働き、JPモルガンでAthenaを、バンクオブアメリカ・メリルリンチでQuartzを作り上げた人々です。クライアントはエンタープライズ規模のアナリティクス、トレーディング、リスク管理などの機能を持つビーコンの次世代プラットフォームから利点を得られます。

Beaconは開発者、金融アナリスト、データ科学者、ビジネスユーザーの力を高め、技術の規模を拡大して、各自のビジネス目標を達成できるようデザインしたクラウドベースのシングルプラットフォームです。ビーコンは基本的なソースコード、デベロッパープラットフォーム、インフラサービスをクライアントに提供することで、クライアントが完全な技術スタックを保有できるようにする市場唯一のベンダーです。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Liza Horowitz
info@beacon.io
+1.800.893.9826

 

情報提供元:
記事名:「Beacon Platformをシェル・ニュー・エナジーズが革新的ソリューションの開発で導入