中国・深セン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 「開放と技術革新を通じた大湾区の活性化」をテーマとする第21回中国国際ハイテク成果交易会(CHTF2019)が、中国・深センで2019年11月13~17日の会期で開催しました。来場者は、地元や世界の大手ハイテク企業に出会えるだけでなく、ノーベル賞受賞者の講演も聴くことができます。


広東、香港、マカオ大湾区の技術的成果を紹介するCHTF2019では、特にこの地区の企業など、主要な出展者が実際の来場者以外のより多くの聴衆に情報を届けられるよう、オンラインVR展示ホールを設置しました。

スマートハウス用製品に焦点を当てる驤騰科技(ブース:2G69)は、スマートゴミ箱やハイパーリンク自動ゴミ・リサイクル・システムなどの環境に配慮した一連の製品を開発し、現代の住宅に適用して生活をより便利にしています。

蘇仁智能科技(ブース:2D31)は、専門医療機関と個人の両方の健康管理に焦点を当てています。その革新的な健康情報収集機器(非着用式AI健康モニター、スマート・ブレスレットなど)やソリューションは、健康データを追跡・管理できます。

肯綮科技(ブース:1D46)は、強化ウエアラブル外骨格ロボットの開発と生産を専門としています。展示されているナイト外骨格型スーツは、人体の腰と下肢に装着でき、リアルタイムで速度、角度、方向を監視して下肢の伸長と屈折を可能にします。

さらに、多くの世界的に有名な科学者や影響力のある人々が、開催中のCHTF2019中国ハイテク・フォーラムで講演します。

未来学者のトーマス・フレイ氏は、「Hello 2029」という講演で次の10年について語ります。フレイ氏と他の来賓は、5Gとその未来に関連するテーマについても議論します。

IoT技術の先駆者でチューリング賞受賞者のジョセフ・シファキス氏は、パネル・ディスカッション「新時代、新技術、ニューエコノミー」で新たな視点を提供します。

インダストリー4.0の父であるクリストフ・マイネル教授(博士)は、「‘AI+’ – すべてを実現」について講演し、IBM、百度(バイドゥ)、アリババ、香港科技大学(HKUST)、マイクロソフト、インテルの上級幹部がAI+分野の最新動向について議論します。

ノーベル生理学・医学賞受賞者のエルヴィン・ネーアー氏は、フォーラムで人間の脳の謎について解説します。

海外からの来場者は、CHTF2019に無料で入場できます。詳細情報とサービスについては、http://www.chtf.com/english/Info/ForVisitors/DRegistration/をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Ms. Peggie Wang
China Hi-Tech Fair Organizing Committee Office
Tel.: +86-755-82848962, Email: wangyq@chtf.com, 654333235@qq.com

 

情報提供元:
記事名:「CHTF2019で世界の出展者に出会い、世界的に有名な講演者の話を聞こう