新しい「マーチャント・サービス」プラットフォームがRBS、マスターカード、モーティブ・パートナーズ、EFMアセット・マネジメントの支援を得て始動し、これまでの資金調達額は6000万ポンドになっています。

ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- Tyl by NatWestを運営するPollinateが、世界の業界リーダーのコンソーシアムによる成長資本投資を得て始動させました。マスターカード、モーティブ・パートナーズ、EFMアセット・マネジメントは、RBSと共に、Pollinate事業の投資家およびパートナーとなります。Pollinateは、これまでに総額6000万ポンドの資金を調達しています。

過去10年間に、破壊的な支払い企業が加盟店関係の確保を巡ってリテール銀行に挑戦してきました。Pollinateは銀行のために加盟店獲得を再構成し、このような破壊的企業と効果的に競争できるようにします。Pollinateの技術は、革新的なクラウド・ベースのプラットフォームであり、銀行の従来型の支払いシステムをラップする形になります。このプラットフォームは、オンボーディング、ポータル、ロイヤルティー・プログラムを含む加盟店と消費者のデジタル体験を実現し、費用がかかる煩雑なプラットフォーム移行は必要ありません。加盟店はデジタル・ツールとデータ統合によって自社事業の管理の効果を高めることができ、消費者とつながることで事業を拡大し、地域コミュニティーへの還元を図ることが可能になります。銀行にとっては、Pollinateプラットフォームは顧客の理解とエンゲージメントを高める助けとなり、加盟店や消費者との関係をどちらも強化することができます。

2017年に構想されたこのプラットフォームの最初の展開は、2019年春に英国でのTyl by NatWestマーチャント・サービスの始動によって実現しました。Pollinateでは現在、世界各地の他の主要リテール銀行との話し合いが進んでいます。

今回の発表に関して、ナットウエスト・ホールディングス最高経営責任者(CEO)代理およびRBSのコマーシャル&プライベート・バンキング最高経営責任者(CEO)のAlison Roseは、このように発言しています。「マスターカード、モーティブ・パートナーズ、EFMアセット・マネジメントと共に世界的なマーチャント・サービス企業の創設を発表できることに大きな期待を感じています。このような質の高い企業と提携して各社が独自の専門能力とスキルを持ち寄ることで、顧客だけでなく加盟店獲得市場全体に利益をもたらす真の意味で国際的なサービスが可能になります。当社は、顧客に届ける商品と体験を継続的に改善することに注力しており、Pollinateの創設は、そのためにパートナーと協業する革新的で成果の上がるアプローチです。」

EFMの最高投資責任者で創立者のJeff Emmanuelは、このように語りました。「世界各地のテクノロジー企業が金融サービスの提供を再構想している中で、いくつかのフィンテックの『イネーブラー』は技術革新を橋渡しすることに機会を見出し、最大規模の金融機関の営業規模やブランド価値を認識するようになっています。当社の破壊的フィンテック・ファンドは、自社の能力を活用して顧客の成果改善を実現できるダイナミックな企業への投資を通じて多様な機会を追求しています。機械学習をデータ資産の独自のエコシステムと組み合わせることで、Pollinateは、銀行が顧客に提供できる素晴らしい新たなサービス提案を提供します。私たちは、この素晴らしいチームを支援できることをうれしく思います。機会を最大化するために、取締役会への参加を通じてこの分野での私たちのネットワークと経験を活用できることが楽しみです。」

Pollinateは、支払い、テクノロジー、ロイヤルティー業界の幹部チームによって経営され、その中には、Al Lukies CBE、Jonathan Hughes、Fiona Roach Canning、Tim Joslyn、David Beresford、Anna Mooreが含まれます。

Pollinate最高経営責任者(CEO)で共同創立者のAl Lukiesは、このように述べています。「世界各地のリテール銀行は共通の課題に直面していますが、支払いチェーンの中で加盟店と消費者の両方と直接つながりを持つことができる唯一の存在であることは変わっていません。そのため、リテール銀行は、中小企業の取引処理、財務の支援、事業の拡大を支援して銀行、加盟店、消費者の間の好循環を作り出すことができる最良の立場にあります。消費者が利用する企業から(その企業の規模を問わず)一層個人化されたサービスを期待するようになっていることは明らかであり、要するに、つながりを通じた関係と成長がPollinateの核心です。私たちのプラットフォームは、素晴らしいデジタル体験、リアルタイムのデータ処理分析と統合を通じて関係を強化することを可能にします。」

マスターカードの社長兼最高経営責任者(CEO)のAjay Bangaは、こう語っています。「テクノロジーは私たちの日常を容易でアクセス性が高いものにしています。小企業の事業主にとっては、潜在力と実績を分離することが必須になっています。私たちがPollinateと関わっていることは、それが理由です。各パートナーが自社のノウハウ、洞察、技術をもたらして事業主が最高の顧客体験をもたらすことを可能にする本物の具体的なソリューションを銀行に提供していきます。」

Pollinateは、支払いおよびテクノロジー・エコシステムの中でクラス最高のブランドとの重要な提携関係を確保しました。世界的にAzureクラウドを通じて利用できるPollinateのプラットフォームは、マイクロソフトのビッグデータと分散型AIプラットフォーム、脅威情報収集、認証サービスの最高のものを活用し、場所を問わず魅力の高い直感的なサービスへのアクセスを銀行とその顧客に提供します。Pollinateのその他の世界的パートナーには、マスターカード、エンダバ、モーティブ・パートナーズ、EFMが含まれ、あらゆる場所でPollinateのバンキング顧客が世界で最も革新的で破壊的な企業と直接競争できるようにします。

「私たちのパートナーのロイヤル・バンク・オブ・スコットランドはマーチャント・サービス分野で独自の経験を持ち、英国各地の小企業に向けてPollinateプラットフォームを展開できる完璧な立場にあります。私たちは、このような名高い投資家グループと共に一つの役割を果たせることをうれしく思います。また、Pollinateの経営チームや私たちの国際的エコシステムと共に働いてパートナーのために、そして最終的には中小企業や消費者のために価値を生み出すことを楽しみにしています。」- Rob Heyvaert、モーティブ・パートナーズのマネジングパートナー

以上

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media contacts
Nicky Harrison
FieldHouse Associates
pollinate@fieldhouseassociates.com
07739338842

情報提供元:
記事名:「世界のフィンテック・リーダーがPollinateプラットフォームの背後で協力