シンシナティ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ザ・プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニー(NYSE:P&G)は、米国とカナダで100%再生可能な電力を調達するという2020年目標を達成したことを発表いたします。P&Gは当初の目標を上回り、100%再生可能電力の調達を西欧にも拡大しました。これら3市場は当社最大規模の市場であり、P&Gの調達電力の70%以上に相当します。このコミットメントは予定を前倒しして達成されました。これは、2030年までに世界全体で100%再生可能な電力を調達するというP&Gの目標到達に向けた力強い滑り出しを示しています。



P&Gの再生可能エネルギー生産に最も貢献している個別設備には、米テキサス州タイラーブラフにある当社の風力発電所があり、ここでは米国とカナダのP&Gのファブリック・ホームケア工場でタイド、ダウニー、カスケード、ミスター・クリーンなどのブランドを生産するために必要となる電力の100%を相殺しています。それから、米ジョージア州オールバニにある当社のオンサイト熱電併給バイオマス設備では、同地でのバウンティとシャーミンの生産に必要な蒸気の100%を供給しています。これらの大規模プロジェクトに加え、P&Gは、風力、太陽光、地熱、水力、再生可能エネルギー証書を中心に、多様な再生可能エネルギー・プロジェクトを通じて業務全体で排出量を削減しています。

P&Gのヴァージニー・ヘリアス最高持続可能性責任者は、次のように述べています。「環境フットプリントを削減し、これからの世代によりよい世界を残すための当社の努力を我々は誇りに思っています。当社の第一目標は今もこれからも、各P&G製品の背後には環境責任に取り組むサプライチェーンがあるという安心と共に、消費者の皆様が信頼できる上質の製品をお届けすることです。」

これまでの環境リーダーシップを基盤として、P&Gはエネルギー、水、廃棄物に関する2020年持続可能性目標の多くを既に達成しており、各ブランドや地域でご覧いただけるとおり、測定可能な進歩を遂げています。米国、カナダ、西欧で100%再生可能な電力を調達することにより、P&Gは再生可能エネルギーと科学的根拠に基づいた温室効果ガスについての2020年コミットメントも順調に超過達成できる見通しです。

P&Gは、再生可能資源からの電力調達を続けつつ新規プロジェクトを実行することで、世界150カ所近い当社拠点にエネルギーを供給する各地の電力会社において、技術革新、投資、再生可能エネルギーへの転換をさらに促進できると見ています。

P&Gの発表に関する詳細情報は、こちらをご覧ください:https://us.pg.com/blogs/pg-purchases-renewable-electricity

プロクター・アンド・ギャンブルについて

P&Gはそのブランドを通じて世界中の消費者に奉仕しています。信頼される高品質のトップブランドが、当社の世界的に強力なブランド群を構成しています。当社ブランドには、オールウェイズ、アンビピュア、アリエール、バウンティ、シャーミン、クレスト、ドーン、ダウニー、フェアリー、ファブリーズ、ゲイン、ジレット、ヘッド&ショルダーズ、レノア、オーレイ、オーラルB、パンパース、パンテーン、SK-II、タイド、ヴィックス、ウィスパーがあります。P&Gコミュニティーは、世界の約70カ国で事業を展開しています。P&Gとそのブランドについての最新ニュースと情報は、http://www.pg.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

P&G Media Contact
Robyn Schroeder
P&G, Global Communications
Schroeder.rm@pg.com

情報提供元:
記事名:「P&Gが米国、カナダ、西欧で100%再生可能な電力を調達