東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 株式会社東京アールアンドデー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡村了太)は、11月初旬より、福岡県福岡市周辺の一般道路と高速道路を利用して、燃料電池小型トラックの公道実証走行を開始いたします。


本事業は、環境省の事業採択*2を受けて燃料電池小型トラックの開発を行うもので、当初計画の3年間(平成28~30年度)は、車両開発、性能試験、および公道(主に都市部)における配送業務の実証を行って参りました。
4年目となる令和元年度は、水素システムの追加開発によって航続距離を更に延ばす*3など車両性能および利便性を高め、普及展開の可能性を拡げるべく事業を推進しており、福岡市周辺の一般道路と高速道路における公道走行を通じて、実用化に向けた車両開発を更に前進させます。
公道実証に先立ち、下記の通り報道説明会を実施いたします。水素で発電しながら走る、水しか排出しない、また、大規模災害時などにおける非常用電源としての利用が期待される、トラックの開発はここまで進んでいます。是非取材方よろしくお願いいたします。
尚、助手席への試乗をご希望の方は事前に担当者までご連絡下さい。

■報道説明会

日時 :

2019年11月5日(火)

場所 :

福岡市中央区荒津2-2-1

内容 :

事業説明、走行デモンストレーション(試乗)、水素ステーション見学

車両 :

燃料電池小型トラック写真

* 1.

当社調べ

* 2.

環境省CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業 「燃料電池小型トラックの技術開発・実証」

* 3.

一充填当たりの航続距離を150kmから210kmに延長

 


Contacts

<本件お問合せ先>:
株式会社東京アールアンドデー
広報部
担当:森竹 智法
TEL:046-227-1101

情報提供元:
記事名:「株式会社東京アールアンドデー: 国内初 *1燃料電池小型トラックの令和元年度公道実証開始、および報道説明会開催のお知らせ