ルルレモンの資金援助を受けたピース・オン・パーパスが支援従事者3000人以上にトレーニングを行って必要なスキルを授け、今後3年間で国連職員3万人にマインドフルネスおよびセルフケア・ツールを提供

加ブリティッシュコロンビア州バンクーバー--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ルルレモンと国際連合財団は本日、世界的な緊急の問題の最前線で働く国連の開発・人道支援従事者の心身の健康に取り組む画期的なプログラムに関するパートナーシップについて発表しました。これは、支援従事者が世界各地の地域社会でさらに良い支援活動を行うことができるようにするためのものです。ルルレモンは今後3年間で、根拠に基づいたプログラム「ピース・オン・パーパス」に100万米ドルの支援を行います。このプログラムは、人道的な非常事態への対応や貧困に苦しむ地域社会の支援などの苦難とストレスに満ちた環境に対峙した際の強靭性を培うために、国連職員がマインドフルネスとセルフケアのツールとリソースを利用できるようにするプログラムです。ピース・オン・パーパスの使命は、支援従事者が自身を労ることで他者へのケアを効果的に行うためのツールを授けることです。


ルルレモンのカルバン・マクドナルド最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「ルルレモンと国連財団は、地域社会を築き、世界の特に急を要する問題への協働による解決策を生み出すという共通の取り組みに注力しています。国際的な人道支援と平和維持活動の必要性が増加していることから、マインドフルネス・ツールの長く続く効果について啓発し、他者への奉仕を使命とする人たちの支援を持続させたいと考えています。」

国連財団のキャシー・カルバン総裁兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「国連職員は、世界的な問題の最前線で深刻な非常時にある人々を援助しています。支援任務は多くの場合ストレスを強いられ、国連はこうした任務に就く職員のウェルビーイングへの対処を優先課題としています。世界で支援活動を行う国連職員を支えることができるのは、ピース・オン・パーパスのような革新的なパートナーシップです。ルルレモンの支援により、より多くの国連職員が自分自身を労って他者へケアを提供する助けとなるプログラムを拡大することが可能になります。」

ピース・オン・パーパスは、ルルレモンのヒア・トゥ・ビー・チームと国連財団による3年間の試験プログラムの成果です。この試験プログラムは、国連職員により報告された神経衰弱、共感疲労、ストレスに起因する身体・精神・関係性への影響など、一連の問題に対処するために策定されました。ピース・オン・パーパスは、国連機関と協力して、国連本部およびヨルダン、レバノン、パキスタン、南スーダン、トルコ、トルクメニスタン、ジンバブエの7カ国の職員650人以上のためのトレーニングとワークショップを拡充しました。

一部のトレーニングの後に行われた調査により、過半数の参加者が、任務に関連する自己への思いやり、不安感と気分の落ち込み、心的外傷に関連する症状、心身不調などの主要な精神的リスク要因に見られる全体的なウェルビーイングで、40パーセントを超える改善を体験したことが明らかになりました。

人道支援従事者は高い確率で、世界の困難な環境において、神経衰弱、ストレス、メンタルヘルスの阻害を受けていることが報告されています。ピース・オン・パーパスのカリキュラムは、現行の国連のメンタルヘルス・プログラムをサポートするマインドフルネス・ツールを、ウェルビーイングのリソースとして採用しています。国連職員は、活動する多様な環境でのさまざまなニーズに応えるために、マインドフルな呼吸、感情の制御、ヨガなどのツールを実行することができます。

ルルレモンの持続的な資金援助とソートパートナーシップにより、ピース・オン・パーパスは今後3年間で、さらに3000人の国連の開発・人道支援従事者に対してトレーニングを行い、デジタルリソースのハブを構築し、さらに3万人の国連職員に訴求できるよう、集中トレーニングとカリキュラムの翻訳の実行を目指しています。

ピース・オン・パーパスは、ルルレモンの社会的影響と持続可能性への注力を示す重要な要素です。当社のインパクト・アジェンダは、人間らしさ、健康、地球環境の3つの要素で構成されており、世界各地での意義のある前向きな影響の支援と推進を目指しています。

ピース・オン・パーパスやヒア・トゥ・ビーを含むルルレモンのグローバル・インパクト・アジェンダの詳細については、https://shop.lululemon.com/story/sustainabilityをご覧ください。

ルルレモン・アスレティカについて

ルルレモン・アスレティカ(NASDAQ:LULU)は、健康なライフスタイルにインスパイアされたヨガ、ランニング、トレーニング、その他のスポーツのためのアスレチック・アパレル企業で、人々が充実した生活を送れるよう人生に変革を起こす製品と体験を生み出しています。テクニカル素材と機能的なデザインの基準を打ち立てているルルレモンは、継続的なリサーチと製品フィードバックにおいてコミュニティーのヨガ愛好者やアスリートと協力しています。詳細情報については、www.lululemon.comをご覧ください。

国際連合財団について

国際連合財団は、国際連合の戦略的パートナーとして機能し、世界の発展を促し、緊急の課題に立ち向かうために必要なアイデア、人材、リソースを国際連合が活用するための支援を行っています。当財団は持続可能な開発目標の中心課題に焦点を絞り、大規模な問題を解決し、行動を求める市民と連帯するための分野を横断したイニシアチブを構築しています。1998年に実業家で慈善家のテッド・ターナーによって設立され、現在では慈善家、企業、政府、そして個人パートナーと協力しています。詳細については、www.unfoundation.orgをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media:
lululemon
Tatiana Jovic
Director, Global PR
media@lululemon.com

Sunshine Sachs PR
lululemon@sunshinesachs.com

情報提供元:
記事名:「ルルレモンと国際連合財団が国連の人道支援従事者の心身の健康に取り組む新しいプログラムを立ち上げ