エアバス、ノキア、ノバルティス、NTTドコモ、オレンジ、テレフォニカ、バイアコムを含む企業のCEOがMWC基調講演プログラムで登壇

ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- GSMAは本日、MWCバルセロナ2020について、基調講演者、著名な参加企業、プログラムやイベントなど、初回詳細を発表しました。MWCバルセロナは2020年2月24~27日に開催され、フィラ・グランビア、フィラ・モンジュイック、ラ・ファルガ・ロスピタレでもイベントを行います。「制限のないインテリジェントな接続性」というテーマの下で、MWCバルセロナは、5Gをすべての基盤としたAI、ビッグデータ、IoTの収れん状況を明らかにします。


GSMAのジョン・ホフマン最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「5Gを基盤として、制限のないインテリジェントな接続性が新たなデジタル駆動の産業革命を形成していきます。出席者は、自分の業界でモバイルによってスマートな業務が可能になる状況や有限のリソースを効率的に使用することが可能になる様子を体験し、この流れに参加することが可能です。また、あらゆる人とあらゆるモノをつなぐことで、あらゆる業界で、このような機会は無限に生まれます。」

モバイル・エコシステム全体を代表する経営幹部が基調講演

GSMAは、最初に確定したMWCバルセロナの基調講演者を発表しました。モバイル、電子商取引、金融サービス、メディアおよびエンターテインメントなど、広範な業界を代表する幹部の方々です。4日間にわたって行われるバルセロナの会議プログラムに参加予定の幹部は、以下の通りです。

  • Marc Fontaine、エアバス、デジタル変革責任者
  • マッツ・グランリド、GSMA、事務局長
  • John Chambers、JC2ベンチャーズ、最高経営責任者(CEO)・創立者
  • Rajiv Suri、ノキア、社長兼最高経営責任者(CEO)
  • Vas Narasimhan、ノバルティス、最高経営責任者(CEO)
  • 吉澤和弘、NTTドコモ、代表取締役社長
  • ステファン・リシャール、オレンジ会長兼最高経営責任者(CEO)、GSMA会長
  • Dr. Sara Spangelo、Swarm、共同創立者・最高経営責任者(CEO)
  • CP Gurnani、テックマヒンドラ、最高経営責任者(CEO)兼マネジングディレクター
  • José María Álvarez-Pallete López、テレフォニカ、会長兼最高経営責任者(CEO)
  • Robert Bakish、バイアコム、社長兼最高経営責任者(CEO)

会議の詳細情報については、www.mwcbarcelona.com/conference-programmes/をご覧ください。

MWCバルセロナに2400社を超える一流企業が参加

MWCバルセロナには、モバイル・エコシステム全体に加えて、自動車や消費者向け電子機器など、隣接産業セクターからも一流企業が参集し、最新の技術、製品、サービスを紹介します。このイベントには2400社以上が参加する見通しで、そうした企業にはアクセンチュア、アリババクラウド、ARM、AT&T、BMW、シスコシステムズ、ドイツテレコム、エリクソン、フェイスブック、グーグル、HTC、華為技術(ファーウェイ)、インテル、レノボ、LG、メルセデス・ベンツ、マイクロソフト、NTTドコモ、ノキアソリューションズ&ネットワークス、ウーレドゥー、オラクル、オレンジ、クアルコム・インコーポレーテッド、SAP、SEAT、SKテレコム、テレフォニカ、ベライゾン、ボーダフォン、シャオミ、ZTEなどの大手ブランドが含まれます。また展示会場には、40以上の国や地域がパビリオンを設置します。

MWCの主要イベントの1つとして、GSMAイノベーション・シティは今回も行われ、5G、IoT、AI、ビッグデータといったインテリジェント接続の分野におけるイノベーションがさらにもたらされます。モバイル製品とサービスが私たちの生活、仕事、遊びを変革している様子が明らかになります。グーグル、華為技術、KTコーポレーション、シエラ・ワイヤレス、テュルクセルなどのパートナーが行う双方向デモや、GSMAの業界プログラムや提唱プログラムを通じて、小売り、エンターテインメント、交通、公共サービス、産業の各セクターが紹介されます。詳細情報については、www.mwcbarcelona.com/exhibition/gsma-innovation-city/をご覧ください。

GSMAは、MWCバルセロナのスポンサーも発表しました。シティとデロイトがイベント・テーマ・スポンサーとして参加します。シティは「インダストリーX」イベント・テーマ・スポンサーとなり、デロイトは「接続性:5G時代」イベント・テーマ・スポンサーとなることがそれぞれ確定しました。ネットワーク・ガーデン・スポンサーは、今回もアンドロイド、セールスフォース、SESネットワークス、ウィプロが務めるほか、フリーネット・デジタルも加わります。アクセンチュアも公式サミット・スポンサーとしてWomen4Techプログラムのサポートを継続し、シンクロノスはサミット・サポーティング・スポンサーとなることが発表されました。それ以外のスポンサーには、VIPラウンジおよび登録スポンサーのDarkMatter、ランヤード・スポンサーのファーウェイ、バッジ・スポンサーのサウジ・テレコムがあり、Kochavaがコネクションズ・ラウンジ(元デジタル・プラネット・ラウンジ)のスポンサーとなります。出展企業やスポンサーなど、展示会の詳細情報については、www.mwcbarcelona.com/exhibition/をご覧ください。

4YFN20は面積が倍増し、国際的プレゼンスが拡大

4YFNは今回が7回目となり、フィラ・モンジュイックのホール8からホール1と2に移動して面積が2倍以上になります。今回、4YFNは新しいxside体験の会場となり、Sónarを初めてMWCバルセロナに迎えてクリエイティブなコンテンツ、アート、パフォーマンスを起業ハブにつなげます。4YFNを初回からサポートしてきたサバデル銀行は、7年目の今回もゴールド・スポンサーとして参加します。FTの世界のビジネススクール上位20校に数えられているESADEビジネススクールは、4YFNの公式アカデミック・スポンサーとして今回も参加します。

昨年の4YFNはこれまでで最も国際性が高いものとなり、4YFN20は、その記録を破る勢いを見せています。KPMGは英国の新興企業の最高のものを代表して今回も参加し、SKテレコムはモバイル技術に集中する韓国の新興企業の代表団をホストして今回も参加します。その他の海外からの代表団には、アクチュア(アンドラ)、ブリュッセル企業支援機関(ベルギー)、英国パビリオン/トレードフェア、JETRO(日本)、韓国創業振興院(KISED)、オランダ事業支援事務所(NBSO)、Silicon Castles(オーストリア)、ベンチャーラボ(スイス)が含まれます。

MWCバルセロナのパートナー・プログラム

10年以上にわたり、モバイル・エコシステムの全体にわたる企業各社がMWCバルセロナでプログラムを実施してきました。来場者には、業界トップのいくつかのソートリーダーと交流して知見を得る機会があり、エコシステムにおける多様で複雑な課題についてのビジョンを聞くことができます。パートナー・プログラムのホストとなることが確認されている企業には、5G自動車連盟、アリババ、デロイト、フラッター、グローバルUTM協会、オランダ・パビリオン、ファーウェイ、現代自動車グループ、マッキャン・ワールドグループ、モバイル・エコシステム・フォーラム、ネットクラッカー、サムスン、ZTEがあります。アナログ・デバイセズ、オートモーティブ・エッジ・コンピューティング、ザイリンクスは、パワー・アワーのセッションを開催します。パートナー・イベントをホストする方法の詳細情報については、https://www.mwcbarcelona.com/become-a-partner/をご覧ください。

Women4Techは活動プログラムを拡大

Women4Techプログラムは、活動とイベントを拡充させて4年目の今回も開催されます。Women4Techは、モバイル業界におけるジェンダー・ギャップを縮小するように考えられたもので、最終的にはあらゆる業界に影響を与えることを目指しています。中心となるWomen4Techサミットでは、基調講演やパネルディスカッションを行い、ジェンダー平等とキャリア開発、メンタリングと教育、起業家およびイノベーターとしての女性といったテーマを取り上げます。招待者限定のWomen4Tech円卓会議(レッドハットがスポンサー)では、有力なリーダーを招いて率直な対話を行い、技術・通信業界での女性の育成を取り巻く問題を探ります。

Women4Techプログラムには、サミットのほかにも、Women4Tech平等ツアー、「モバイル業界のリーダーシップにおける傑出した業績」を表彰するWomen4Tech Glomo賞、モバイル・ワールド・ライブTVでのWomen4Techパネル、4YFNでのWomen4Tech活動が含まれます。詳細情報については、www.mwcbarcelona.com/experiences/gsma-women4tech/をご覧ください。

3万人以上の参加者がYoMoを来訪

ユース・モバイル(YoMo)フェスティバルが、4回目となる今回もバルセロナに登場し、若者、教師、家族のためにスペインのSTEAMと教育を推進します。このイベントでは、2020年2月25~29日の5日間にわたって8歳から16歳の2万2000人の生徒や教育者を含めて3万人以上が来場すると予想されています。2019年の立ち上げで大きな成果を上げたYoMoファミリー・デーは今回も開催され、2月29日(土)に3歳以上の若い人々とその家族7000人の一般市民を集めます。

GSMAは、YoMoバルセロナ2020がヨーロッパ・スクールネットおよびそのSTEMスクール・ラベル・プログラムと協業できることも誇りとしています。www.stemschoollabel.eu/をご覧ください。出席する学校はこのプログラムに参加する機会を得ることができ、年間を通じてSTEMスクール・ラベルと結びついた無数の活動からメリットを受けることができるようになります。詳細情報については、www.yomobcn.comをご覧ください。

YoMoは、2500時間を超えるコンテンツを用意し、科学、技術、工学、芸術・デザイン、数学、そしてこれらの科目に関連した職業キャリアについて取り上げます。YoMoは、多様な体験プログラムを通じてスキル・ギャップの橋渡しを支援します。これには例えば、没入的なキャリア情報、助言、ガイダンスプログラムを提供する「Choose your Crew」、STEAMセクターで若い女性に力を与える「Tech4Girls」、教室のデジタル変革を探る教育者シンポジウム「Teacher Track」が含まれます。

世界最大のカーボン・ニュートラルな展示会

2019年版のMWCは、AENORインターナショナルからカーボン・ニュートラルであると正式に認定され、MWCバルセロナの世界最大のカーボン・ニュートラルな展示会としての立場が確立されました。2016年から行われている「寄付ルーム」プログラムでは、MWCの出展企業がイベント終了時に使用済みの資材をバルセロナ市民に寄付することができます。これにより、44.6トンの家具・設備と55.1トンの建設資材が回収され、バルセロナ市議会およびオスピタレト市議会と協力して、地元の20以上の社会的責任団体に提供されました。MWCバルセロナ2020において、GSMAは、イベントの環境影響とカーボン・フットプリントをさらに低減することに注力し、必要に応じて未処理排出量のオフセットを行います。詳細情報については、www.mwcbarcelona.com/about/about-the-gsma/environmental-programme/をご覧ください。

MWCバルセロナ2020に参加しましょう

MWCバルセロナの参加、出展、後援の方法など、詳細については、www.mwcbarcelona.comをご覧ください。MWCバルセロナの進捗状況と最新情報は、ツイッター(@GSMAEvents、#MWC20)、リンクトインのMWCページ(https://www.linkedin.com/company/gsma-mobile-world-congress)、フェイスブック(https://www.facebook.com/mobileworldcongress/)をご覧ください。GSMAのその他のニュースや活動は、ツイッター(@GSMA)をフォローしてください。

-以上-

GSMAについて

GSMAは世界中のモバイル通信事業者を代表する団体で、750社を超えるモバイル事業者を結集しています。そのうちほぼ400社は携帯電話機および端末メーカー、ソフトウエア企業、機器プロバイダー、インターネット企業など、広範囲なモバイル・エコシステムを構成する企業であり、関連業界セクターの組織も参加しています。GSMAは、バルセロナ、ロサンゼルス、上海で毎年開催する業界有数のMWCイベントのほか、地域カンファレンスのモバイル360シリーズを実施しています。

詳細情報については、GSMAのウェブサイトwww.gsma.comをご覧ください。GSMAをツイッターでフォローしてください:@GSMA

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media Contacts:
Gearóid Cashman
+44 79 7679 0169
GCashman@webershandwick.com
GSMA Press Office
pressoffice@gsma.com

情報提供元:
記事名:「GSMAがMWCバルセロナ2020の初回詳細を発表