ヨルダンを拠点とするザルーム&ラスウィがアンダーセン・タックス・アンド・リーガルに

サンフランシスコ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- アンダーセン・グローバルは、引き続き中東での事業展開を強化し、ヨルダンを拠点とするザルーム&ラスウィが当国際的連合体の正式提携事務所になったことを発表しました。この事務所はアンダーセン・タックス・アンド・リーガルの名称を採用します。この事務所は、昨年秋にアンダーセン・グローバルと協力契約を結んでいます。


ヨルダンのアンダーセン・タックス・アンド・リーガルでマネジングディレクターを務めるラシャ・ラスウィは、次のように述べています。「1年足らずの間に、当事務所は、受託責任、クラス最高のサービス、透明性というアンダーセンの価値を間近に見ることができました。アンダーセン・グローバルの正式提携事務所として、アンダーセンの名前を掲げることを楽しみにしています。この名前は比類ない評判を備えています。」

ザルーム&ラスウィは、1993年にマネジングパートナーのアザム・ザルームによって設立されました。同社の約20人の専門家は、銀行・金融、民法、契約、海外投資、知的財産権、国際貿易とクロスボーダーの問題、会社法・商法、刑法、訴訟・紛争解決、買収合併、不動産の分野で、ヨルダンの中規模から大規模の企業と外国企業に法務サービスを提供しています。

アンダーセン・グローバルのマーク・フォアザッツ会長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「ヨルダンの法曹界と実業界は、26年にわたってザルーム&ラスウィに目を向けてきました。ザルーム&ラスウィは、当社の中東全域のビジネス戦略の重要な一部です。協力事務所として、そして今回正式提携事務所としてアンダーセンと共にサービスを提供してきた中で、ラスウィとそのチームは、シームレスにサービスを提供する姿勢を示してきました。これは、クライアントに対する当事務所の世界的取り組みを明確に示しています。」

アンダーセン・グローバルは、世界各地の税務および法務の専門家による法的に個別の独立した提携事務所の国際的連合体です。米国の提携事務所のアンダーセン・タックスにより2013年に設立されたアンダーセン・グローバルは現在、提携事務所と協力事務所を通して世界の149カ所以上の拠点に4500人を超える専門家を擁しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Megan Tsuei
Andersen Global
415-764-2700

情報提供元:
記事名:「アンダーセン・グローバル、中東全域での事業拡大を継続